2019年01月15日

今年の習慣始め。

習慣と言うのは不思議なもので、いつもやっていることを

やらないでいると、何とな〜くソワソワと落ち着かない気持ちに

なってきます。

いつもお正月には、氏神様を含め、近所の神社やお寺を計3軒、

詣でているのですが、今年は氏神様に参ったのみで、

お正月が明けてしまいました。

「まーいっか、今年は」と思っていたのですが、な〜んとなく

気に掛かっている状態が続いたので、お散歩がてら、

やっぱり参ってきました。

   CA3K18120001.jpg
  お正月明けの平日、お人はほとんど出ていませんでした。

さらに、ハワイ旅行前に厄を除けておきたいということで、

いつもより早めに、八方除けで有名な寒川神社へもGO。

   CA3K18150001.jpg
皇位継承のある今年のお飾りのテーマは、「天孫降臨」でした。

   CA3K18140001.jpg
           しめ縄萌え。

とりあえず、いつもやっていることをやったという感じで、

気分的にスッキリしました。(^^)


やらなきゃやらないで死にはしないものの、やらないと何となく

気が落ち着かないのが、習慣ってヤツなんですよね〜。

そう言えば、ベッドメイクなんかも、昔は気にしなかったのに、

習慣となった今では、しないで部屋を出ることが難しい。

一方で、家事面でのルーティンを自分で勝手に増やしておいて、

自分で勝手にイライラしていることに気づいたりもします。(^^ゞ


習慣とハサミは、使いようですね。

習慣を支配すると、自分の生活をよりよい方向へと持っていく

ことができ、習慣に支配されると、精神のバランスが崩れ、

それが行き過ぎると強迫神経症みたいなことになるんだなぁと

思いました。

自分を良い方向へと向かわせる良い習慣を、支配権をしっかりと

握ったまま、ホドホドに身につけていきたいものだと思います。


さて、今年はどんな習慣を身につけようかな?

そう言えば、今年のおみくじは例年と違い、全然大吉が出ないのですが、

これまで引いた3枚とも、書かれている内容は見事に一致しています。

で、去年の大吉のおみくじを見返してみたら、それも大吉ながら、

内容は似たようなことを言っている・・・。( 一一)


一言で言うと、「待て」ですね。

おみくじってのは、だいたい似たようなことを言うものなのか、

それとも私が課題を全然、クリアできていないのか・・・。


まー、確かに衝動的でせっかちなトコロはあります。

思い込みが激しく危なっかしいとも、よく言われます。

え、ソコ???(◎o◎)


ってことは、逆の習慣を身につければいいってことですよね。

直感感覚型のパターンをちょっと抑えて、熟慮着実型のパターンを

身につけていくべし、と。

なかなか難しそうですけど、今年からはソコ、気をつけて、

習慣にしていきたいと思います。(^^ゞ
posted by noa koa at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

2019年 明けましておめでとうございます。

2019年も、穏やかに明けました。

   CA3K18100001.jpg
      今年のウチのお正月花。

   CA3K18060001.jpg
   今年もなんちゃって初釜、やりました。
   抹茶&お茶菓子、日本人でよかったと思う瞬間。(*^_^*)

皆様は、どのようなお正月を迎えられましたでしょうか。

1年の計は元旦にありと申しますが、だとしたら、私の2019年はまた、

ボーッとしているうちに穏やかに過ぎて行ってしまうのかなぁ、

という感じです。( 一一)


しかしながらっ。

今年は年初にお寺さんからいただく暦の小冊子の四柱推命占いでも

運勢イマイチ、いつもは大吉率の高いおみくじも今年は珍しく小吉、

おみくじ裏のメッセージも、「神様におすがりせよ」。

な〜んか、ビミョーにヤバめ?(;一_一)

今年はなるべく慎重に、何かと神様におすがりしまくって

生きるようにしたいと思います。(^_^.)


私の運勢はビミョーでも、一番マグロが3億超えなど、

しょっぱなから世の景気のいい話が聞けると、

こちらの気分も上がりますね〜。(^○^)

漁師さんの「今まで漁師やってきた中で、一番嬉しい」という

言葉を聞くと、こっちの心にまでその嬉しさの波動がビンビン

伝わって、共振してくるよう。

「よかったね〜」って、心から労いたくなります。(^^)

皆の心に明るい波動を呼び起こしてくれた、落札業者の

「すし三昧」さんにも、感謝だなぁ。


ということで(というわけでもないのですが)、氏神様への

初詣の帰りに、今年もまた、近所の回転寿司に行ってきました。

   CA3K18080001.jpg
     いつも、超かわいいミニミニ握りを
     サービスしてくれます。(*^_^*)

少食の私以外は、皆しょっぱなから景気よく食べ、飲み、

しょっぱなから、予算オーバーです。(^^ゞ

しょっぱなから恐縮ですが、金運、神様におすがりしよう・・・。(笑)


ぼちぼち読み始めている、去年のクリスマスにもらった本にも、

しょっぱなから、心にビンビン響く言葉がありました。

「迷いの中に悟りあり、悟りの中に迷いあり」(禅)

「人は志のないことを患えるのみで、功のないことを患えない」
(陽明学)

たくさんもらった本のうち、まだちょびーっとしか読んでないのに、

しょっぱなから心動かされる言葉に出会える感激☆(^○^)


やはり心が動くこと、つまり感激、感動こそ、

この世に生きる喜びを実感する瞬間ですよね。(*^_^*)

本年も皆様の心に、たくさんの感激や感動が降り注ぎますように☆
posted by noa koa at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

豊かさ新時代の幕開け(かな?)

皆様、楽しいクリスマスを過ごされましたでしょうか?

私の今年のクリスマスは、イブイブ、イブ、当日と、ホムパ

3連チャンだったので、現在、若干、燃え尽き気味です。(^^ゞ

大掃除する気になれな〜い。(^_^.)


来年は元号も変わるし、未知の新しい時代が幕開けする予感が

して、何だかワクワクしますね。

まだガラケー保持者の私は、きっと乗り遅れるであろう予感しか

しませんが。(^^ゞ

目を閉じて、来年以降に思いを馳せると、加速度的に豊かな時代に

なっていくイメージが浮かんできます。

そういえば、来年からは本格的に牡牛座に天王星が入るので、

「物質的豊かさ」に「革新」が起きる可能性が高い、という

記事を以前、目にしました。


何だろ〜、「はじけないバブル」とか、いいですね〜。(^○^)

世界に軍事費が不要になれば、世界中の人々が王様のような

暮らしができる、というのも耳にしたことがあります。

もしかして、それとか?!\(^o^)/


私はホロスコープ的に牡牛座が強いので、個人的にも

その星回りによって受ける影響が強そうです。

天王星は、「急変」「改革」「革新」「自主独立」などによって、

意識の成長を促す天体。

対する牡牛座は、何が何でも現状を維持したいっていう、

テコでも動かない星座。

うわ〜、こっわ。何が起こるんや〜。

めっちゃ葛藤しそう。(;一_一)


でも人生、そん時ゃそん時。

まだ起こってもいないことを怖がっても、時間とエネルギーの

無駄なので、とりあえず現状の、この牡牛座らしい、

どーんとした平和な日々を楽しんでおこうと思います。(^^)


来年も、また元号が変わった未来の新時代も、皆の心が、

豊かで楽しい、よいイメージに彩られますように☆

皆様、よいお年をお迎えくださいませ☆
posted by noa koa at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

ざっくりいいカンジ。

今年も残すところあともう2週間。

忘年会シーズンですが、言われるまでもなく、

今年も今年の記憶はおぼろげです。(^^ゞ

また1年、ボーッと生きてしまった・・・。

しかしこれは老化のせいだけでもないらしく、

先日の中高時代の親友たちとの忘年会にて、

中高時代の記憶も人並み外れて忘却していることが発覚。

人生通じて、ボーッと生きているっぽいです・・・。(-_-;)


でも、戦争体験者の方の記事などを読むにつけ、

記憶おぼろげにボーッと生きられるなんてのは、

実に有り難いことなんだな、と思ったりもします。

平和だってことですもんね。


ところで、皆から「忘れ過ぎー!」と散々叩かれると(笑)、

「そもそも記憶って何?」という問いが心に浮かんできます。

何かの本で読んだところによると、記憶とは意識に刻み込まれた

情報データであり、人は脳を介してその情報にアクセスする、

とあったように記憶しています。(そういうことは覚えている。(^^ゞ)

ヒプノセラピーでも、忘却の彼方にあったような幼少時代の記憶が、

五感も鮮明にありありと蘇ってくるところを見ると、

人は自らの体験を、忘れているようで忘れていないことが分かります。


そう言えば、中高時代のことをよく覚えている友達は、

その頃の思い出を、とても大事にしているかも!

私が卒業後さっさと捨ててしまった制服を、

皆まだ大事に持っていると言っていました。( 一一)

記憶は、その対象情報に対する思い入れとかこだわりによって、

鮮明になったりおぼろげになったりするんですね。

それが、いい思い出であれ、嫌な思い出であれ。


当該情報にアクセスする回数が少なすぎて、回路が錆びて

不通となった状態を、「忘れる」と言うのかもしれません。

つまり、「忘れた」からって、「記憶がなくなった」わけじゃ、

ないんだな!(言い訳じゃないです)


中高時代の記憶を鮮明に持ち、思い出を大事にしている友人たちと

同様、私もあの頃のことを思い出すと、ざっくりとした楽しさと

同級生たちの笑顔が蘇り、身も心も温かな感覚に包まれます。

一人ひとりのことはよく覚えていないけれど、クラスメート皆に、

「仲良くしてくれて、ありがとう!」って叫びたい気持ちになる。

私の記憶の中に、皆がいるんだな〜と思う瞬間です。

(何度も言うようですが、言い訳じゃないです)


記憶は年々増え続け、その全てにアクセスするのは当然無理なので、

どんどん意識の奥へ奥へとストックされていくわけですが、

その記憶のざっくりとした印象は、今現在の自分の意識状態に

大きく影響するものと思われます。

人生、いいことヤなこと双方ありますけれど、

いいことは「ありがとう〜」、ヤなことは「いい勉強になった」と、

どちらもいい記憶として、意識にストックしていきたいですね。

そうすれば、来年以降もざっくり、いいカンジで

生きていけそうな気がするー☆(^^)

   CA3K17980001.jpg
    三大テノールの記録映像を観に行った帰り、
    表参道に立ち寄りました。いいカンジ〜☆

   CA3K18040001.jpg
    代々木公園の「青の洞窟」も、いいカンジ☆
posted by noa koa at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

幸せ大国、日本。

今週は、秋と冬の境のような週でした。

   CA3K17610001.jpg
   山下公園沿いの銀杏並木を、ブラブラ散歩。

   CA3K17690001.jpg   
   マリンタワー1Fで、ちょっと休憩。

   CA3K17700001.jpg
   完熟トマトと4種のチーズ鍋。めちゃ美味でした。(*^_^*)

   CA3K17790001.jpg
        宵闇の山下公園。

   CA3K17850001.jpg
   今年も赤レンガ倉庫前広場では、クリスマスマーケット開催中。

   CA3K17830001.jpg
       今年のツリー、とっても素敵!!


晩秋から初冬への微妙な空気感を感じながら、

「日本、平和だな〜」と、しみじみ思いました。

ちょっと前の調査で、8割方の日本人が、

「現在の幸せにほぼ満足している」と答えたそうで、

何とも嬉しいことです。

日本人の集団無意識の8割方が、幸せ波動で満ちているって、

何気に有り難くないですか?!(^○^)

皆がそれぞれ山あり谷ありの独自の人生シナリオを生きながら、

皆それぞれが「何だかんだ言うても、まぁ、幸せ」であるって、

ホント嬉しいし有り難い。

きっと色んな誰かさんのお蔭なのだろうし、

きっと皆、つながっているんだと思います。


気象災害等々ありながらも、日本人の大勢が、ささやかな幸せを

感じていたというのが、今年の実態ってトコだったんですね。

さて私個人はというと、何だか今年は、意図せずホロスコープに

ドはまりした1年だったなぁ〜。( 一一)

まだまだ、サラ〜ッとした上澄み部分しか知り得ていませんけれど、

自分と家族のホロスコープを読み解いてみて、

色々と奥深い発見があり、思索を深めることができました。

うまくいかない生き方や思考パターンは、

変えた方がいいのかも・・・。(^^ゞ


人には、持って生まれた、抗いきれない本性や宿命ってもんが、

あるんですねぇ〜。

それがイマイチ気に食わない場合、やたら心理的に苦しんで、

一人ジタバタしちゃいますけど、結構それって、ムダな

エネルギー浪費なのかも。(^_^.)

理想と本性では、やはり本性の方が勝るんですよね〜。


本性って、つまり遺伝や前世カルマなどによる潜在意識で、

理想は、限定された顕在意識で考えるもの。

そりゃ勝負になりませんわな〜。(-_-;)

だとしたら、自分の本性(潜在意識)をよりよく知ることこそが、

人生をスムーズに生きるコツなんだろうと思いました。

イマジンも、素敵な習慣ではありますけれど。(*^_^*)


いつか、遺伝子の解析が進んで、染色体の振動数とかまで

完全に読み解くことができるようになったら、

その人間の本性と、それに伴う人生シナリオが、

科学的に解き明かされる日が来るかもしれません。

いくらになるのかな〜。お安くしてほしいな〜。(笑)


よく、「宿命は変えられないが、運命は変えられる」って

言いますけれど、それって、「人生シナリオは変えられないけれど、

思考パターンは変えられる」ってことなんだと思います。

そして、思考パターンが変われば、人生シナリオの大枠(プロット)

は変わらずとも、個々の出来事(エピソード)は変わっていくんじゃ

ないかなと思います。


となると、今の日本の方の8割方は、それぞれの人生シナリオを

背負いながらも、個々のエピソードは概ね幸せ、つまり幸せな

思考パターンをお持ちであるということですね!

何と素晴らしい! 皆、その調子だ―――!!(^○^)
posted by noa koa at 14:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

クリスマスシーズンに、日本仏教ブーム。

とうとう今年も師走に入ってしまいました。

我が家もクリスマスモードに変身です。

   CA3K17580001.jpg
   今年は赤と白基調。みなとみらいに合わせました。

   CA3K17590001.jpg
     イルミネーションバージョン。


11月だと思うと何となく気分がゆったりするのですが、

12月だと思うと急に気忙しく感じるのは、きっとパブロフの犬的

反応なんでしょうね〜。(^^ゞ

今年も無事に、平和に暮れていってくれるといいなと思います。


さて親鸞を読み終わって、その師の法然に興味を抱き、

法然の本はサンタさんにお願いしたので、クリスマスまでの間、

古本屋で見かけた空海の本を読むことにしました。

なぜか急に、日本仏教ブームです。(笑)

法然&親鸞は浄土宗&浄土真宗、空海は真言宗なのですが、

2タイプ読んでみて、(あれ?結局、ヨーガじゃん)と、思いました。


ヨーガには、悟りや真我一如に至る道として、

4つの道が提示されています。

それぞれ、バクティヨーガ(信愛の道)、ラージャヨーガ(瞑想の道)、

ジャニアナヨーガ(知識の道)、カルマヨーガ(奉仕の道)と呼ばれて

いて、どの道を極めてもゴールに到達する可能性はあるので、

自分に合った道を選べばいいんですよ〜と、ヨーガでは言っています。

で、南無阿弥陀仏と無心に称えれば、善人悪人関わらず救われると

説く浄土宗&浄土真宗は、どうやらバクティヨーガっぽく、

マントラ&瞑想によって神通力を得る真言宗は、どうやら

ラージャヨーガっぽいなと思ったのであります。


まぁどちらも元を辿ればお釈迦様の教えであり、お釈迦様の教えは

ヨーガに基づいているのだから、そらそうだろうよ、なのですが。

ちなみに最澄を開祖とする天台宗は、どうやらジャニアナヨーガっぽく、

道元の曹洞宗はカルマヨーガっぽい感じがします。

どの道を行ってもゴールは同じだし、できるんなら全ての道を

同時に行ってもいいのだけれど、親鸞の時代は天台宗と浄土宗が

大ゲンカ(というか浄土宗が一方的にやられている)していて、

(あ〜あ、どっちが正しくてどっちが間違っているとかじゃ、

ないのにな〜)と、残念に思いました。


あの時代は情報がなかなか手に入らず、致し方ないのですが、

後世の人間から見ると、当時の人間たちの真剣な大ゲンカを

(あ〜あ)って、思っちゃいますよね。(;一_一)

でも、それを我が身に置き換えてみると、今の自分の考えや理念も、

今は「絶対正しい!」と思い込んでいても、後世の人々から見たら、

(あ〜あ)になるのかも知れないんだな〜と、ふと思いました。


何も分かっていない人間が、その時点での限られた知性や観点で

正義を主張し、他を攻撃するのって、もしかして、すっごい

バカっぽいのかも。

自分が何も知らないおバカだってことを、常々忘れずに

自覚しながら生きなきゃいけないんだな〜と、思いました。


ソクラテスの言ってた「無知の知」って、そういうことなのかも

しれませんね。

生来的に頭が高いタイプなので、ホント難しいんですけど。

日日是修行です。(^_^.)


私はどちらかというとジャニアナヨーガがお好みで、

一番向いていないのがバクティヨーガなのですが、

一番欠けているのもバクティな気がしているので、

知的でありながらもバクティを極めた、優しい優しい法然さんに

憧れます。

クリスマスの日に、法然さんの本が届くのが、今からめっちゃ、

楽しみです。(*^_^*)

まずは、あの時代に比べて飛躍的に情報が手に入りやすい現代に

生まれたことに、感謝☆(^.^)
posted by noa koa at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

サレンダー。

年末が、いよいよ目の前に迫ってきました。

ウソみた〜い。

今年は暖かいので全然そんな感じしませんが、

街はすでに、クリスマスモード。

どこもかしこも、ツリーだらけです。

   CA3K17400001.jpg   
       マリンウォークのツリー。

   CA3K17440001.jpg
   ワールドポーターズには、こんな可愛いのも。

   CA3K17470001.jpg
   今年のクイーンズスクエアのシンギングツリー。

毎年のことながら、そして外国の宗教的行事ながら、

やっぱりクリスマスはワクワクしちゃいますね。

WASP的豊かさへの憧れが爆発!って感じ。

世界中がキラキラLOVE&PEACE&WEALTHYなのは、

サイコーですね☆(*^_^*)


我が家では、現在母が山下達郎の『クリスマスイブ』を練習中

(ウクレレ&歌)なので、あのメロディーを耳にするたび、

その昔、脳内がキラキラとバブリーだった頃が蘇ります。

希望一杯、夢一杯だったあの頃・・・。

人生は、思った通りにはいかないものです。(^^ゞ

ポワ〜ンと思い描いていた人生と、生まれ持ってきた

人生シナリオが、こうも違うとはね!( 一一)


「ポワ〜ン」は叶いませんね、叶うのは、「決意」です。

じゃー「ポワ〜ン」を決意すりゃいいじゃないか、と

思われるかもしれませんが、人生シナリオにない「ポワ〜ン」は、

なぜかどうしても、「決意」には至らないんですよね〜。

いやホントにこれはもう、自力の範疇とは思えない。

やはり人生は、目には見えない他力に支配されているなぁと

思うのです。

もう、諦めですよ、サレンダー。


そうなると、もう「ポワ〜ン」は脳内妄想として楽しむだけの

ものとなり、人は内側からの衝動によって「決意」しちゃう

ようなことを、ただただ無性にやっちゃうのみ。

それが人生なんだな〜と、このところ悟りつつあります。

南無阿弥陀仏です。(今「親鸞」、読んでいるので・・・(^^ゞ)


ところで、南無って「お任せする」って意味で、「南無阿弥陀仏」は、

つまり「神様仏様に全てお任せします」って、意味らしいですね。

お盆の度に唱和させられていたにもかかわらず、その意味について、

深く考えたことありませんでした。

つまり南無阿弥陀仏も、「諦めま〜す、サレンダー」ってこと

だったんですね。

もちろん、鼻ホジホジしながら「天からキラキラが降ってこない

かな〜」っていう他力ではなく、人生は全て神仏という他力に

よるものである、何事も神仏の深慮あってのことであるから、

善人は天狗になりなさんなよ、悪人もヤケになりなさんなよ、

ってことらしい。( 一一)


それって、ラメッシが言ってた理論と同じだな〜と思いました。

マーク・トゥエインも、晩年、同じような思想に辿り着いた

みたいです。(参照:「人間とは何か」)

「罪科」という概念のない神道にも、通ずるものがあるなぁと

思います。

私も、自分の中で長年「どーしてなのだ?!」と葛藤に苦しんで

いた部分が、「ホロスコープでそうなってる!\(◎o◎)/!」

ことを知った時に、さすがにもう、サレンダーな気持ちに

なりました。

南無、阿弥陀仏です。(-_-)


と、あら、クリスマスの話から、なぜか南無阿弥陀仏に

行き着いてしまいました。(^^ゞ

キリスト教も、仏教も、どちらも人々の安心立命を目指して

いるのは、一緒ですよね。(^_-)

善悪を判断せず、自分も他人も裁かず、ただありのままの現実を

神仏の恩恵として受け取る「サレンダー」は、なかなか常人には

難しいものがありますが、そうした謙虚な意識が、実は人間の

安心立命につながっているのかもしれませんね。


そう言えば、箱根の元宮のおみくじで、「善いも悪いも

神様任せにせよ」と言われていたのを思い出しました。

な〜んか、色んな方面から同じようなことを言われているような

気がするなぁ〜。

謙虚さのカケラもない我の強い私には、非常に難しい挑戦ですが、

ちょっとずつ、できるだけ、そうした意識に近づいていきたい

なぁと思っています。

   CA3K17540001.jpg
   マークイズ前のイルミネーション。

   CA3K17550001.jpg
       ランドマーク&月&イルミネーション。
posted by noa koa at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

仰げば尊し、我が師の本。

えーもう11月も半ば!\(◎o◎)/!

去年、「12月に集中大掃除」がキツかったので、今年は11月から

ボチボチ始めよう・・・と思いつつ何もしない間に、もう半ばとは。

ヤバいヤバい、さすがに始めよう・・・明日から。(笑)


大掃除はまだ始めていませんが、部屋の中に溢れ返っている本の

断捨離をしてみました。

断捨離がてら整理していると、自分の知的好奇心のカテゴリーや、

その流れがよく見えてきます。

以前貪るように読み込んでいた本たちを久々に手にして、

(これらのお蔭で、今の私の思考体系があるのだなぁ)と

感慨深く思いました。


本こそ、まさしく私の師です。

精神の暗闇に光を投げかけてくれたのも本だったし、

心のモヤモヤを払ってくれるのも、いつも本。

心が湧き立つようなワクワク感や、目から鱗が落ちるような

感動的知識や思想を与えてくれるのも、いつも本でした。

この世にそうした素晴らしい本があって、そうした本を出版して

くれる人たちがいて、そうした本を書いてくれた人たちがいて、

ホント、心から感謝です。

きっと、そうした本なしでは、私はこんなラクには生きて

こられなかったろうな〜と思います。


とまぁ、そんな大恩ある本たちですが、さすがに年々増え過ぎ

なので、断腸の思いで断捨離断行。

ちょっとスッキリしましたが、(読み返した〜い)と思う本も

多数出てきてしまい、時間がいくらあっても足りない予感。

今読んでいる「親鸞」も実に面白く、来月はクリスマスで、

またどーんと読みたい本たちが手に入ってしまうし、

幸せ過ぎるな!(*^_^*)


こないだ新聞の投稿欄に、筋肉が無力化するご病気で瞼が落ちて

きてしまうので、読み書きするのに瞼を洗濯挟みで留めている、

というお婆さんの投稿を読みました。

今はごく当たり前のように大好きな読書三昧を楽しんでいますが、

それもいつまでもできることではないんだな、と思いました。

当たり前のように過ぎていく「今」に感謝しながら、

思い残すことなく生きていきたいものだなと思います。


   CA3K17320001.jpg
   今年の11月は気候がいいので、思い残すことのないように、
   ライフワークのようにランチをしている・・・。(^^ゞ

   CA3K17330001.jpg
   テラスの向こうに、クリスマスツリー初観測。
posted by noa koa at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

茶道の極意に学ぶ。

秋深まり、ご飯が美味しく食べられるようになってきました。(^^)

   CA3K17190001.jpg
   センター北に、大学時代によく行ってたラケル発見。
   懐かしさのあまり、ついランチ。

昨日は断髪がてら、表参道〜渋谷〜代官山と、お散歩してきました。

   CA3K17200001.jpg
     文化の日で、日の丸はためく表参道。

   CA3K17220001.jpg
   北青山に、ニールズヤードのレストラン発見。
   ニールズヤードは、フラワーエッセンス講座に
   通ったなぁ〜。
   精進料理みたいな、超ヘルシーべジランチでした。

     CA3K17260001.jpg
   ずっと気になっていたピエール・エルメのスイーツは、
   アートでした。 ドーム型のミルクチョコに、熱々の
   ビターチョコを一気に流しかけ、目の前でみるみる、
   この姿に。(しかし例の如く血糖値スパイクによる
   気分悪化のため、半量しか食べられず。(^_^.))

     CA3K17280001.jpg
     オープンしたばかりの、渋谷ストリーム。

季節がいいと、食欲もあるし、お散歩する気にもなるし、

ホント幸せですよね。幸せ三昧。(^^)


先日、姉から借りた「日日是好日」というエッセイ本を

読みました。

悲喜こもごもある人生の中で、地味〜に茶道のお稽古を

続けていた著者が、いつしか茶道の極意に気づき、

三昧に達するという内容でした。

「三昧」というのは、意識が対象と一体化する現象で、

自我が無くなってしまったかのような感覚になるものです。

ヨガの瞑想の極意としても、よく言及されている意識状態です。

小さい頃、蟻んこや風車をボーッと見ているうちに、

よくそんな感覚になっていたなぁと思い出します。

著者も、お茶の作法を続けていくうちに、いつしか自我を

滅却する瞬間がたびたび訪れるようになり、季節や自然と

一体化する生き方をするようになりました、というお話でした。


現代社会に合わせて生きていると、どうしても季節感とか、

自然のリズムとかを感じる機会は少なくなりがちですよね。

でも人間って、自分が自然の一部なんだな〜って実感した時、

目には見えない、大きな自然のエネルギーみたいなものに

フワ〜ッと溶け込んだ時に、とっても癒されるような気がします。

以前、統合失調症の方が、茶道をしている時間だけは

病気の症状が消えるといった記事を読んだことがあります。

大いなる流れと一体化したような、つかの間の忘我の時間が、

心に癒しをもたらしてくれるのかもしれませんね。


てことは、「自我」ってヤツが、その大きな「自然」と「自分」

とを、隔てているものなのだろうと考えられます。

まぁ自然界って、癒しだけでなく危険も満載ですから、防御の

ためにも「自我」というのは、非常に大事なものではあります。

つまるところ、状況に応じて、自在に自我を強めたり弱めたり

できるのが、最強ってことになるのかな。


ご本を読んでもう一点、(茶道の作法の極意と言うのは、

『習慣』というものが自分にどう作用しているのか、という

ことを悟ることなのだな)ということも、読み取れました。

「習慣」とは潜在意識に刻み込まれた無意識的な行為で、

思考パターン、感情パターン、行動パターンなども含みます。

そうした無自覚な行為がどのように作られるものなのかを、

茶道の作法を通して実感することによって、日常における

自分の「習慣」というものをも、小さなものから見直す

ことができるようになり、「自分」というものを意識的に

作り直していくことができるようになりますよ、っていう

のが、ワケの分からん作法を繰り返す茶道の極意なんだな〜と、

読み取りました。


確かに、日常の自分を振り返ってみても、まさに「自分」とは、

無意識的な習慣の集積の産物だなぁと思います。

「高岡早紀になりたい」と口では言いながら、早口だし、

ツッコむし、ゲラゲラ笑うし、オーバーリアクションだし。

全ては、習慣のせいなのだな!

今後は、茶道のようにコツコツと、地道に根気強く、自分の

無意識的習慣に気づいて見直し、「高岡早紀的習慣」を

心がけようと思った次第です。(^^)
posted by noa koa at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする