2015年10月26日

いいも悪いも、同じ価値。

今年は秋が長くて気持ちいい日が多いので、普段出不精な私も、

さわやかな風に誘われるままに、お出掛けすることが多くなっています。

平日のみなとみらいは、人も少なめで、とってものどか。

Mark isは、ハロウィン仕様でした。もうそんな時期ですか〜。

  151021_1356~010001.jpg

151021_1134~010002.jpg
今月3度目の母のバースデーランチに伺ったのは、
横浜美術館に併設の、ティーズ・ミュゼさんです。

151021_1200~010001.jpg
   かぶのブランマンジェ。

151021_1200~020001.jpg
魚介のハーブサラダ。ボリューミー真似っコ確定☆

151021_1233~010001.jpg
メインはお魚にしました。サッパリ味だけど、お腹いっぱい。

151021_1301~010001.jpg
デザートはアップルパイのバニラアイス添えです。大満足。(^.^)


人生後半に入り、自分が食と健康の関係に興味があることと、

お料理が好きってなことに気づいたので、外でお食事をすることも、

以前より好きになってきました。

外で美味しいお料理を口にするたびに、(これは家でも作れるか?)と、

食材や調理方法をチェックするのが、実に楽しいです。(^.^)

数年前までは、ほとんど食に興味がなかったのに、人間って変わるもん

だな〜と、我ながら不思議な気がします。


経験的実感としては、興味って、「持つ」というより、「起こる」って

感じですね〜。

人生、何事も、「時」が来たら、「起こる」ものなのかもしれません。


151021_1437~010001.jpg
ランチ後は、横浜までプラプラと散歩道を歩き、ベイクォーターへ。

     151026_1633~010001.jpg
   当日ユザワヤで買った、オフホワイトのレースで、
   親友からもらったお洋服に、取り外し可能なフリル襟を
   つけてみました。

     151026_1638~010002.jpg
   同じく紫のヒモを使って、姉にもらったバウスカートを
   サンドレスに仕立て直しました。(私はフラダンスやらないので)
   何か、こういうのも楽し〜い。


我が人生ながら、ユル過ぎるな〜と思ったりもしますが、

今はこういう「時」なのだから、これでいいんだと受け入れ、

満喫させていただいております。(*^_^*)

しかしながら、また違った「時」が来て、違う何かが人生や自分に

「起こった」としても、それにスムーズに対応、順応できる自分で

あれるよう、心構えだけは磨いておかなければとも、思っております。


一見いい時も、一見悪い時も、人生における価値は同じ、淡々と流して

生きるべし、と、以前、ヒプノセラピーで、メッセージを受けたことが

ありました。💡

とても心に残っているメッセージです。


一見「激ヤバ最悪」って時を、淡々と流して生きるのは

難しいことではありますが…。(^_^.)

でも「事態は刻々と変わりゆくもの。この今の状況も、今まさに刻々と

変わっていっているのだ。永遠に続くもんじゃ〜、ない」って思うと、

ちょっと気がラクになりますよね。

きっと、「流して生きる」ことに熟達すれば、1億円儲けても、1億円

スッても、同じように淡々としていられるようになるんだと思います。

う〜ん、まさに最強メンタルですね☆ 憧れますわ〜

精進したいと思います


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

ヒプノ10年後の実感。

今月は母のお誕生月なので、バースデーイベントが続いています。

ホムパの数日後は、レストランバースデーランチでした。

   151012_1432~020001.jpg
「お肉が食べたい」という母のリクエストにより、
ロースト・グリル肉が自慢の「ロティスリー・ティーズ・レイ」さんへ。

151012_1323~030001.jpg
事前にお願いしていなかったにもかかわらず、「会話が耳に入ったので…」
とのことで、デザートにバースデーペイントをしてくださいました。
サプライズ。

151012_1432~010001.jpg
店内より見える景色。
ギターの生演奏もあり、3時間も長居し、楽しんでしまいました。


月をあげてのお誕生日祭、ちょっと我々子供連、実の母親を構い過ぎ

かしら?とチラッと思ったりもしますが、世間知らずの箱入りお嬢様

だった彼女が、結婚後、試練にぶち当たりながらも、体当たりで懸命に、

逃げも隠れもせずに夢中で生きてきたことをしっかりと記憶しております

ので、全ての義務から解放された今の母の幸せを、(よかったねぇ〜

と、心から祝福したい気持ちになってしまうのです。

同時に、「どうか、お母さんがラクに、幸せになりますように」という、

幼い頃からの私の宿願が達成されている今現在の幸せと、そう願い続けて

いた幼き日の自分をも、祝福する気持ちで一杯になります。


ある本に、「何かに使命感を持つということは、その裏の罪悪感と共に

生きるということ」と、書いてありました。📖

最初読んだ時には、使命感などというものは、マザーテレサとかガンジー

とか、夜回り先生とか、選ばれた人にしかできないような、すごい立派な

ことをする人たちに関するものであって、自分には関係ないと

思っていました。

がしかし、ヒプノセラピーの前世退行で、今の母と弟(前世でも母親と弟

でした)を捨てて家出をした少年だった前世を見た後、ふと、その本の

一文が、心のうちに蘇ってきました。

もしかしたら、自分の心の中に幼い頃から居座っている「母を幸せにする」

「弟を守り育てる」という強い気持ちは、前世においてその二人を捨てた

という、無意識的な罪悪感に裏打ちされているのかもなぁ、と。


で、ヒプノセラピーを受けたことによって、その罪悪感に裏打ちされた

使命感が全くなくなったかと言えば、そういうわけではなく。(^^ゞ

そういう気持ちはまだ多少ありますが、心の中のガチガチの締めつけ感が、

なくなった感じ。(^.^)

「んもう!」とか「何で?」と葛藤しながら無意識的に衝き動かされるのでは

なく、より意識的かつ自己完結的に、「自分のカルマの消化」を、

納得した上で淡々とやるようになったという感じでしょうか。🆗

やっていることは変わらないのに、何だか前よりスムーズ感があると

いうか、気持ちいい感じです。

これが、顕在意識と潜在意識が相反していない状態、協力関係にある状態

なんだろうな〜と、感じています。(^.^)


ヒプノセラピーって、初めて受けられた方もそうだと思いますが、

受けた直後は、「不思議な体験だったけど、だから何だというのだ?」

という感じになります。

でもその後、人により長短の時間や年月を経て、色んなことが分かって

きたり、モヤモヤが消えたり、こだわりがなくなったり、心身がラクに

なったりと、「ヒプノセラピーのせいかどうかは分からないけど」という

微妙なレベルで、変化があります。


私の実感では、ヒプノセラピー直後(2週間後くらい)にも、いつの間にか

肩の荷が下りて心身が軽くなった感じになり、その変化に驚きましたが、

その影響はその後もジワジワと、長い年月かけて身体の細胞レベルに

染み込んでいって、そこからまたジワジワと、身体(エネルギー体かな?)

全体を作り変えていっている感じがします。


最初は単に、ヒプノセラピーって、心の癒しとか人生のメンテナンス的な

もの、あるいは好奇心を満足させる娯楽的なものと思っていましたが、

最近は、ヒプノセラピーって、最終的には、「何だかんだ言って、人生、

全てOKだわ」という不動の楽天性というか、不動の心の安定性に、

向かわせるもののような気がしています。

(ヒプノだけではなく、リコネのせいも、あるのかもしれませんが)


私が生まれて初めてヒプノセラピーを受けてから、ほぼ10年。

さらに10年後にはどんな境地に到っているのか、今からちょっと、

楽しみです。(^.^)


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 16:42| Comment(0) | ヒプノセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

「ありがとう」の威力。

10月は、母のお誕生月です。

当日は、お誕生日ホムパをしました。

今回の手料理のテーマは、こないだ行った「煮込みやなりた」さん風。(*^_^*)

大皿にド―――ン「きゃ〜ボリューミ〜」、

一口食べて、「きゃ〜美味し〜い」を、目指しました。

   151005_1833~010001.jpg
          三種のカナッペ。
   (栗&アーモンド/ブリーチーズ&クルミ/茶豆&シラス)

   151005_1845~010001.jpg
        ミックスビーンズのポタージュ。

   151005_1834~010001.jpg
          フルーツサラダ。

   151005_1833~020001.jpg
   四種(タコ、ポテト、チーズ、ゴマ麩)のフリットサラダ。

   151005_1842~010001.jpg
         手羽先のビーツ煮込み。

   151005_1859~010001.jpg
   お赤飯、チーズ&生ハム、シャンパンも加わっての、
   バースデーテーブル。

   151006_1259~010001.jpg
   デザートは、姉の担当です。
   マロン好きの母のために、マロンロールケーキ。

   151006_1302~010001.jpg
   千疋屋のアソーテッドも。なぜか、亡き父の分まで買ってきました。
   気持ちは分かるけど、買い過ぎ〜。糖質どんだけ〜。


何はともあれ、家族全員、健康であることに感謝。

美味しい食材に感謝。

やってみたいお料理を、思い切りやれる環境に感謝。


そうそう、感謝と言えば、「ありがとう」と声をかけ続けた瓶詰ご飯は

腐らず、ガン無視し続けた瓶詰ご飯は真っ黒に腐ったという実験結果を、

小学生が夏休みの自由研究で発表した、というネット記事を読みました。

「波動の法則」という本にも、「ありがとう」と声をかけ続けた水の結晶は

美しい形状を成すのに対し、「馬鹿野郎」と声をかけ続けた水の結晶は

醜い形状を成す、という実験結果が載っていました。

また、先日読んだネット記事でも、体に取り込む水分(お味噌汁でも、

紅茶でも、コーヒーでも)全てに「ありがとう」と声をかけてから

飲むようにしていたら、何と病気が治ってしまった、という体験談が

ありました。

いやはや、感謝の波動の威力、ハンパない\(◎o◎)/!


一瞬、「ホントかぁ〜?」と疑ってしまいますが、言葉や感情、思考には

特定の波動があること、水が波動を転写することは、実際分かっています

ので、よ〜く考えると、「有り得るな」となります。

なので、実験好きな私としては、早速やってみようと思ったのですが、

コレ、思ったより難しいです。(>_<)

「あ」と気づいた時にはもう、コーヒー全部飲み終わっていることが

ほとんどです。

化粧水も、大抵はたき終ってから、「あ」となります。(-_-;)


「ありがとう」の威力もさることながら、実験に成功した小学生や、

病気を治した方の、「ありがとうの声掛け遂行能力」がスゴイのだ

ということが、分かりました。(^_^.)

私も今後とも、できるだけ頑張ってやってみるつもりではありますが、

「我こそは遂行能力あり」と自負される方も、ぜひぜひ、

遂行されてみてください〜。(^^)


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

思い出のタンゴ。

秋が深まってまいりました。

秋が長いのはいいですけど、冬が早いとかはやめて欲しいですね〜。

このさわやかな気候のまま、あと2か月とか、続いてほしいもんです。(*^_^*)


さて、秋と言えば、芸術の秋。🎨

芸術の中でも音楽というのは、あらゆる五感を伴った記憶を、一瞬にして

呼び起こすきっかけになりますよね。🎶

ハイカラな祖父の影響で、幼い頃から洋楽を聴いて育ったウチの母に

とっては、タンゴがそれに相当するらしく。( 一一)

先月末、タンゴオーケストラのコンサートに、母と共に、出掛けてきました。👜

     150927_0841~010001.jpg


数々のコンサートや舞台で、あえなく寝落ちした経験のある私にとっては、

(またチケット代が無駄になるのでは…)との一抹の不安がありましたが、

開けてビックリ❗

素晴らしかったです。✨

一曲一曲が、まるで一編一編のヨーロッパ映画のようで、

(ヨーロッパ文化って、やっぱ成熟度めちゃ高い❗何てったって深い❗厚い❗)

と、感動しきりでした。✨


母は終演後、「全部、聴いたことのある曲ばかり。よくおじいちゃんが、

家で聴いてた」と、心から幸せそうな、懐かしそうな表情で、語っていました。

その顔を見て、(あぁ、母は祖父母と共に暮らしていた、私の知らない

幼い頃、本当に幸せな時間を過ごしていたのだなぁ・・・♨)と実感し、

とても嬉しくなり、こちらまで幸せな気分になりました。❤


晩年という時期は、幼少時(0〜7歳)の記憶の影響を受ける時期であると、

人智学を提唱したシュタイナー博士は述べておられましたが、

それにのっとると、母のこれからの人生時間は、きっと、とても幸せな

時期になることでしょう。

去年父が亡くなったことで、「あぁ、自分の人生も晩年に入るんだなぁと、

初めて思った」と、言っていましたから。(^^ゞ

何はともあれ、めでたし、めでたしな感じです。(^.^)


ちなみに幼少時の記憶がつらいものである人も、適切なケアを、

事前に自分に施しておけば(多分、インナーチャイルドセラピーとかの

ことだと思うのですが)、晩年へのネガティブな影響は避けられると、

シュタイナー博士はおっしゃっています。

いつの時期のものであれ、心の傷は、放置しておくと重くなるし、

やがて大きなトラブルにつながる恐れもあるので、

人生のできるだけ早いうちに、ケアしておく方が得策です。🚩

本当は、子供の頃に傷ついた心の傷は、時を置かずに周囲の大人が

慰め、癒すことが望ましいのですが、そういった適切なケアを受けずに、

何もしないまま大人になってしまったなぁと感じる方は、今からでも、

自分自身で、自分の幼少時に傷ついた心の傷を、癒すことが大切です。


同時に、周囲にいる子供の心が傷ついていないかどうか、

もし傷ついているのならいち早いケアを心がけるよう、心を配るのは、

我々大人の責任だよなぁ、と思います。

残念ながら私は独身なので、周囲に子供いないのですが。(^_^.)

周囲に子供がいないからってわけでもないのですが、自分の中の子供

(インナーチャイルド)は、気がついたらきちんと、優しくケアをして、

可愛がるようにしています。(*^_^*)

世のお母様方も、どうか、ご自分の心のケアと、お子様の心のケア、

毎日大変だとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。


話戻って――、タンゴなどの洋楽が、日本にドッと流れ込んできたのは

戦後のことでありますので、その頃に青春まっさかり時代を過ごしたで

あろうと思われる元気なご高齢の方々が、コンサート会場には大勢、

喜び集っておられました。😃

戦前、戦中、戦後という激動の時代を生き抜いてこられたご高齢の方々が、

今こうして元気に、幸せそうに人生を楽しんでおられるというのは、

とても嬉しいことだなぁと思います。(^^)

まずは、この国に暮らす人全員が、そしていつかは、この世界に暮らす

人たち全員が、そうあってくれたらいいなぁと、思います。(*^_^*)

歳を取るごとに心豊かに、ハーモニックになる人生って、いいですよねっ。💓

   150926_1625~010001.jpg
       県民ホール前の、山下公園。

     150926_1618~010001.jpg
     氷川丸の係留鎖に、なぜか海鳥が整列。

     150926_1701~010001.jpg
     お散歩しながら、みなとみらい地区へ。

   150926_1714~010001.jpg
   タンゴ聴いたらワインが飲みたくなり、アニュベルセルカフェへ。

   150926_1749~010001.jpg

   150926_1934~010001.jpg
     すっかり暗くなってしまいました。

     150926_1938~010001.jpg
     真下から見上げると、観覧車、デカい!!


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする