2016年06月27日

同じ音だから?

今日は梅雨の晴れ間。

シトシト雨も気分が落ち着いて悪くありませんが、やはり青空は、

気分が上がりますね。

これほどに、人間の気分に影響を及ぼす天候というのは、何気にスゴイ。

多分元々人間は、自然に同調するようにできているんでしょうね。


自然に同調で思い出しましたが、三輪山の杉に憑いて、私に「親ですよ〜」

と話しかけてきた神様の正体の件。

その後日本古代史や神道系の本を読んだり、サイトを見たりして、

これまで全然知らなかったミステリーな世界に、迷い込んじゃいました。(*^_^*)


結局、大神神社の御祭神の大物主神が、ニギハヤヒっていう名前か

どうかは、諸説あり分からないのですが、恐らくやはり龍神様で、

龍神様っていうのは、人類誕生前から地球に住まわれていた、

正神界の神霊なのだそうです。

天地創造、人類創造に携わった神様であるとかで、人類にはその龍神様の

DNAが組み込まれているのだとか。\(◎o◎)/!


「えっ、神様って、DNAあるの?!」って、ビックリしました。

でも、だとすると私が、神様が降りた杉に「私はあなたの親のようなもの

ですよ〜」と言われたのも、納得がいく気がします。

曲がりなりにも、私も人類の一員ですし。


三輪山でのあの不思議体験がなければ、こういった情報も「眉唾眉唾〜。」

で終わらせていたかもしれませんが、あの体験が鮮烈であっただけに、

つい、「そういうことも、あるのかも?」と、半分納得してしまいました。

これが本当だとすれば、人類は全員、龍神様の子供のようなものであり、

龍神様はいつでもみんなに、「私はあなた方の、親のようなものですよ〜。」

という気持ちで、厳しくも温かな眼差しをもって、見守ってくれている

のかもしれませんね。

いや〜親って、ありがたいものですね(*^_^*)


ところで言霊学によると、外界と内界はもともと一つだったものが

便宜上分かれただけであり、そもそも一体なのだそう。

だから、外界の杉から話しかけられたように感じたメッセージも、

実は内側からその言霊を受け取っていた、ってことなのかもしれません。

また、人体の染色体というのは振動している(不可聴音を発している)

のだそうで、だとすると、人間の染色体の発する音というのは、

龍神様の発する音を何オクターブも下げただけの、同じ音なのかも

しれないな〜と、思いました。

「人間は、神の似姿」っていうのは、そういう意味なのかも、と。

人間は、染色体(DNA)を通じて、神様とつながっているのかもしれません。


太古の日本人は、今の現代人と比べて大変スピリチュアルで、

年がら年中、神様からの言霊を受け取って、自然と調和して

生きていたそうです。

その、神様の言霊を「真名」というそうですが、古代ハワイで生命力を

意味する「マナ」と、音が同じなのは、とても興味深いですね。

聖書でも、神様からもたらされる食べ物のことを、「マンナ」と、

言っていますよね。📖

いや〜、めっちゃミステリーっぽいですね〜。 面白〜い。(^○^)


オハナ様の紹介で、興味を持った言霊学ですが、古神道の哲学に関しても

知ることができ、また他の色々な知識情報ともリンクして、形而上学に

関しての理解も深まり、とても有意義でした。

とても難しいので、寝かし寝かし、何年にもわたって学んでおりますが、

少〜しずつ、理解できてきたような気がしています。

出会いと導きに、感謝です。


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

キラーストレスをキラキラに☆

何だかジワジワ、夏っぽくなってきましたね!(^○^)

毎年のことですが、夏大好き人間なので、夏っぽさが感じられるように

なってくると、どうしようもなくテンションが上がってきます。

抜けるような青い空、輝く白い雲、きらめく太陽、照り返すホワイトサンド、

青い珊瑚礁、白いパラソル、夏の扉……と、聖子ちゃんソングの世界が、

心象世界いっぱいに、広がってしまうんですよね〜。(*^_^*)

体中の細胞にしっかりと刻み込まれている、幼い頃の夏休みの、

あの得も言われぬ解放感も相まって、気分がウナギ上ります。


心が柔らかかった時代に、意識に深く刻み込まれた印象というのは、

こうも根強く、人生を通して残るものなのだなぁという実感を、

毎年夏が来るたびに、しみじみ感じます。

記憶という、人間に本具されているツールによって、こんなに手軽に

幸せな気持ちになれるなら、有効利用しないテはありませんよね。

今後とも、気分が良くなる記憶はヘビロテ、気分が悪くなる記憶はさっさと

断シャリ、で、お手軽ハッピーライフを保持しようと思います。(^.^)


記憶と言えば、「キラーストレス」をテーマにした週末のNHK特集で、

「たいていの人間は、1日の時間の半分を、今目の前のことではなく、

過去や未来のことを思い煩うことに使っている」という集計データを

紹介していました。📺

過去や未来の出来事をくよくよと思い巡らすことが、現代人にとって

多大なストレス源になっているのだとか。

私は過去の思い出によって、気分がウナギ上っているので、

逆バージョンですね。(^^ゞ

未来のことも、楽しいこと、今すぐ対処できること以外は、

一切考えないようにしています。(笑)

番組では、「キラーストレス」は、放置すると循環器系疾患やがん、

心の病を引き起こすということを、科学的データを基に警告していて、

ちょっと、戦慄モノでした。


対策としては運動、瞑想などが紹介されていましたが、「自分の気分が

上がる行動をリストアップして、ストレスを感じるたびに、それをする」

というものもありました。

これはnoa koaのワークシートでもあるワークですが、これをやると、

自分の人生がキラキラしたものに囲まれているんだな、ということに

気づいて、嬉しくなってくるんですよね〜。(*^_^*)

そのキラキラしたものを、自分が日常で意識的に選んでいるか、

選んでいないか、ってだけなんだなと。


仕事や家事育児、心配事や悩み事などに心が占められていると、

人生の主体である自分自身に関心が向けられなくなって、「何をすれば、

自分の心が喜ぶのか?」な〜んてことは、考えなくなっちゃいますよね。

でも、考えてみれば、いつ終わってしまうか分からないこの人生、

心が喜んでいる時間がなくてどうする、って気も、しませんか?

できることなら、限りある全ての人間体験を、心が喜んでいる状態で、

体験したいですよね。

だって全ては、必ず終わってしまうものなのだから。


小さい頃に多大なストレスを受けた人の脳は、恐怖や不安を感知する

部位である扁桃体が、人より大きくなっており、大人になっても、

恐怖や不安に過敏に反応してしまう傾向があるのだそうです。

幼少時の記憶が、大人になってからの感情や思考パターンに影響を

及ぼすことは、これまでも広く認知されていますが、脳の扁桃体という

部分に物理的な変化を生じさせているという事実は、驚きですね。


あるものが過剰であることによって、過敏反応を引き起こすってトコは、

アレルギーに似ていますね。

アトピーなどのアレルギーは、デトックスすれば改善するという話ですから、

心理的アレルギーも、きっと同じでしょう。

自分にとってよくない毒素は、できる限り綺麗にデトして、代わりに

できる限り、キラキラしたいいものを取り入れる、そして笑う

やっぱコレですよね


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

一番の願い。

もう梅雨だそうで。 今年も速いですね。

   160611_1259~010001.jpg
     庭のあじさいも、次々と咲き始めました。   

そんな梅雨の晴れ間、今年も我が家の庭の、梅の実の収穫が

終わりました。

今年は、超絶不作です。

去年の1/8くらいしか、獲れませんでした。(T_T)

あまりの収穫の少なさに、母がスーパーで市販の梅の実、買ってきました。

ウチの実が、見劣りするわ・・・。(;一_一)

   160611_1258~010001.jpg
         左スーパーの、右ウチの。

今朝の新聞によりますと、暖冬だった今年は、早い開花の後の

寒の戻りの影響で、全国的に梅が不作だそうです。

寒い冬は大嫌いですけれど、去年はその寒さのお蔭で、

梅の実が豊作だったんですね〜。

ホント、この世は万事塞翁が馬なんだな〜って、思いました。


今はまだちょっと蒸し暑いだけで快適な気候ですが、今年の夏は、

またもや猛暑の予想だそうですね。

家族に高齢者がいるので、ちょっとオソロシイです。

少量ながら、今年の梅のクエン酸パワーをいただいて、

元気に乗り切りたいと思います。


健康常備食と言えば、膝痛を定期的に繰り返す母のために、先日、

黒酢アップルジンジャーハニーなるものも、作ってみました。

横文字にしてオシャレっぽく名づけていますが、要は血流に良さげな

ものを、テキトーに全部ぶち込んだ感じです。(^^ゞ

母のために作ったものの、私自身もこれ飲むと、気のせいかいつもより

元気が回る気がします。(^.^)


あと、我が家の免疫アップの強い味方は、刻みニンニクです。

醤油漬けにしたニンニクを、みじん切りにしただけですが。

1日1回、スプーン半分くらいを、常食します。

これを食べるようになってから、ホントに風邪を引かなくなりました。

ニンニクは、抗がん作用食材ランキングでも、堂々の1位ですしね

あとは野菜中心の多品目メニューを、よく噛んで食べるようにすれば、

家族全員、健康でいられるかな〜と、思っています。


自分が心配性かつ仕切り屋で、有事に際しては交感神経ビンビンになって

しまうタチだけに、自分が今現在、心安らかに暮らしていられるのは、

家族が全員健康で、幸せそうに笑っていてくれるからなんだよな〜、

という事実に思い至るたびに、感謝の気持ちに圧倒されます。

実際、一寸先は、分からないわけですし。


分からないからこそ、後悔のないように、今できること、今思いつくことは、

全て全力でやっておきたいと思っています。

皆が健康な食事をして、健康な思考をして、健康な感情を感じて、

健康な会話を交わして、毎日心清々しく、朗らかに笑って生きている、

そんな人生が、1日でも長く、続きますように。

⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

「水に流す」の効用。

先日は、中高の親友たちとの定例会で、恵比寿の肉ビストロに

行ってきました。🍴

     160531_1905~010001.jpg
     ビストロ「カルネジーオ」さん。

予約が取りにくいお店は、概して良店が多いものですが、こちらもしかり。

どのお皿も美味しく、「真似っこさせていただきたい」と思わせる

お料理の数々でした。

   160531_1919~010001.jpg
         蒸しタンとパルメザンチーズ。

   160531_1934~010001.jpg
        ピーナッツスプラウトのナムル。

   160531_1947~010001.jpg
       アジのタルティーヤ。メチャうま

   160531_2011~010001.jpg
   桜エビとホワイトアスパラのバターケッパーソース。

   160531_2015~010001.jpg
        春菊のサラダ。メチャうま

   160531_2032~010001.jpg
    タン、三角肉、ランプとグリル野菜の盛り合わせ。

お肉が比較的苦手な私でも、美味しくいただくことができました。

リピートしたいお店リストにINです。(*^_^*)

お気に入りが増えていくのって、何か嬉しい


「何かや誰かを好ましく思う」って、幸せの素ですよね。

逆に、心に居座る「嫌悪感」って、不幸感の素。

私は元々気性が激しい方なので、「大好き」も「嫌悪感」も、

人一倍キョーレツに感じてしまうタイプ。

若い頃は、思春期特有の潔癖感も相まって、心が非常に苦しかったような

記憶があります。

大学生になった頃から、心理学やスピリチュアル関係の本を貪るように

読み始めたのは、そんな自分の心の苦しさを、どうにかしたかったからかも

しれません。

中高、大学の親友たちは、「全然、そんな風には見えなかったけどー?

毎日すっごい、楽しそうだったけど〜?」って、言いますけど。( 一一)

人は見た目では分からんもんです。


さてそんな、キョーレツ気性による心の苦しさが、それら心理学や

形而上学のお勉強で緩和されたかと言えば、緩和されたんですね〜。

もちろん徐々に、ではありますけれども。

自分の心を、冷徹な目で客観的に見られるようになり、状況についても、

反射的にではなく意識的に対応することができるようになったからだと

思われます。(^.^)


その後セラピーを学んで、イヤ〜な感情や思考を「客観視」するだけでは

なく、「水に流す」こともできるようになりました。

すっごい、ラクです。(*^_^*)

今となっては、心に立ち現れるイヤ〜な感情や思考を、ただの波動として、

「自分のもの」とすら考えていません。

部屋のゴミやほこりと一緒、って感じ。


どーしてこういう実用的で有用なことを、義務教育の要項として、

学校で教えないのかなぁ〜?と、思ってしまいます。

自分で自分のメンタルコントロールができるようになれば、

イジメとかも減りそうなもんなのになぁ。

そもそも親のメンタルが安定していて、家庭が調和的で愛と優しさに

溢れていれば、人をイジメようなんていう発想は、子供には生じない

ような気がします。

今必要なのは、一億総活躍よりも、一億総メンタルコントロールだと

思うのですが、どうでしょう。( 一一)


「水に流す」という精神は、古神道でも重んじられていたようです。

起こってしまったことにこだわったり、立ち止まったり、しこりを残したり

するのをよしとしない感じ?

龍神様をお祀りしている神社も、日本各所に数多くありますが、

「龍神」は「水の神」であり、「流神」でもあるそうです。

祟り神との噂もありますが、水に流せないレベルのことを、ネチネチ

ウジウジと恨んでしこりを残すぐらいなら、矛先間違えることなく

速攻祟っちゃった方がスッキリするわって、感じなんでしょうかね〜。

性格、似てるかも。(^^ゞ


心が苦しかった若い頃に、一番助けられた考え方に、「波動の法則」が

あります。

「人は常に波動を発しており、外界は、自分が発している波動の反映で

ある」ってヤツです。

だから自分の心が「大好き」を発していると、その「大好き」を反映する

現象が自然に外界に映し出され、自分の心が「嫌悪感」を発していると、

その反映として、心に嫌悪感をますます募らせられるような現象が、

目の前に次々と立ち現われるわけです。


コレ、実体験的にも、真理だと思います。

三種の神器のうちの一つの「鏡」って、神の器である人間存在における、

この真理のことを言ってるんちゃう〜?って、密かに思ってます。(^.^)


いまだにチラッ、チラッと心に立ち現われる「嫌悪感」は、

できるだけ早く水に流して、「大好き」をたっくさん、

心に集めるようにしたいと思っています。

⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする