2017年03月31日

遺伝子の怪。

昨日、庭のカイドウが一輪、咲いたと思ったら、今朝は数輪、

咲きほころび始めていました。

   170331_1508~010001.jpg

今週末は寒さが戻りそうですけど、来週は、春本番になりそうですね。


我が家の春爛漫の象徴であるカイドウですが、昨日ちらっと眺めた

古いアルバムで、幼い私と一緒に写っていた写真では、

今の半分ほどの背丈しかありませんでした。

その写真を見て、あぁ、一緒に育ってきたんだなぁ〜、随分と長いこと、

一緒にいるんだなぁ〜と、改めて庭のカイドウに、きょうだいのような

愛着を感じました。


昭和の時代からずっと、ウチの庭でじっと動かずに、大きくなり続けた

カイドウは、自分の周りで、チョコマカ動きながら大きくなっていく

人間の私のこと、どんな風に見ていたのかな。

思えば、カイドウの他にも、松も、梅も、もみじも、ずっと一緒だったな。

もっと言えば、この家も、この土地も、ずっと一緒。

何かすっごい、嬉しくって、温かくって、有り難くって、幸せな気持ちに

なりました。(*^_^*)


ところで、なぜ急に、自分の幼い頃のアルバムなんぞを見てしまったかと

言えば、母の部屋の本棚にある、母の幼い頃のアルバムを、

ふと手に取って見てしまったからです。📖

そこに写っている母の幼い頃の顔が、私の子供の頃の顔に瓜二つ過ぎて、

その“遺伝子の怪”を、今の自分の目で再確認したくなってしまった

からでした。👀

思春期頃からはちょっと違ってきましたが、子供の頃の顔は、

まさにお互い「生き写し」。

まさかおぬし、タイムトラベラーか、って感じ。(^_^.)

遺伝子って、ホント不思議ですね。


ここまで瓜二つに生まれた二人の人間が、時代も経験も全然違う人生を

生きているってのも、不思議。

遺伝子に搭載されている情報って、一体どういったものなんだろう・・・。

人間は遺伝子情報に基づく自動機械みたいなものなのか、それとも、

その自動機械を操るドライバーなのか。


インドのヨギのラメッシは、「生まれ落ちた時の遺伝子と環境が出発点と

なって、あとは因果律によって人生は進んでいくだけだから、人生は

決まっているようなもの」、つまり人間はドライバーではなく、

乗客みたいなもん、と言っていますが、近年の量子物理学の研究では、

人間の意識が遺伝子に影響を及ぼすということが観察されています。

遺伝子が意識に影響を及ぼすのではなく、意識が遺伝子に影響を

及ぼすんですって


意識って、つまりこの現実世界や自分の内界を認識しているもののこと

ですよね。

物質や現実、思考や感情を、感知認識しているもの。

そいつが、遺伝子に影響を与えるとな。

遺伝子に影響を与えるってことは、姿かたちや思考感情、ひいては性格、

人格、因果にも影響を与えちゃうってことですよね。

マジですか・・・意識さん万能じゃないですか・・・。


人間の意識は、我々が現実として認識しているこの物質世界つまり

人生にも、影響を与えているようです。

というよりむしろ、人間の意識がなければ、この物質世界は存在し得ない

のだそう。

この理論によると、「意識の持ちようで人生は変わる」ってのが、

科学的に証明されそうな勢いです。


その「意識の持ちよう」が、遺伝子と環境によって決定されちゃうから・・・

っていうのが、ラメッシの言い分でしたけど、量子物理学によると、

たま〜に、意識の「量子的飛躍」ってやつが起こって、人生ラインが

変わってしまうこともあり得るのだそう。

「量子的飛躍って何ぞ?」って感じですけれど、「気づき」とか

「AHA体験」なのかな〜って、思います。

お釈迦様の「悟り」とかも、「量子的飛躍」だったのかも。


だとしたら、今の人生ライン上でやるべきことは、自分の意識を観察し、

物質界(人生)に与えている影響を吟味し検証して、もし変えたければ、

「望む状態である時の意識」に、変えていくことですよね。

試しに、「イヴァンカ意識」になってみようとしてみましたが、

全く想像がつきませんでした。(笑)

やはり、「意識の持ちよう」とはいえ、遺伝子的に、ある程度の制限は

かかっているのだなぁと思いました。

てことは、やっぱりラメッシ、正しいのか。(^^ゞ


でも、遺伝子の許す範囲内で、最高最良のものに意識の焦点を持っていく

ことは、意志の力で、できそうですね。

想像し得る限りの、最高に幸せな自分の意識に、焦点を定めることを

習慣づければ、いつしか遺伝子が、「量子的飛躍」を起こすかも。


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

幸せ感のミナモト。

桜の開花宣言が出たそうで。

やっと春かぁ〜。

今年の冬は、キツかったぁ〜。

生き延びることができて、ヨカッタです。(*^_^*)


先日は、中高の親友の一人がお誕生日だったので、キノコが自慢の

恵比寿のフレンチ「マッシュルーム」さんにて、お祝いディナーを

してきました。🍴

   170321_1857~010001.jpg
         ナプキンかわいい。

   170321_1946~010001.jpg
       マッシュルームと生ハムの前菜。

   170321_2013~010001.jpg
          キノコ盛り合わせ。

   170321_2043~010001.jpg
   舌平目の青のり何ちゃらソース。白いキノコが乗ってます。
   これは他の白身魚で、家でマネッコできそう。(^.^)

   170321_2204~010001.jpg
  デザート注文、タルトタタンとビターチョコのムースで思いっきり
  迷っていたら、泣く泣く諦めた方のビターチョコのムースを、人数分、
  サービスしてくださいました。よ〜く見たら、盛り付けキノコ風。(^.^)

   170321_2153~010001.jpg
        はっぴばーすでー。

相変わらず、身体のガタピシ話で盛り上がりつつ、皆それなりに元気だと、

ほっこり安心します。(^^)

健康や体力、人からの優しさなど、色んなものを無邪気に、当然のように

受け取っていた若い頃に比べて、様々なものが身に染みて有り難いと

思える今の方が、もしかしたら、幸せ度は上かもしれません。


そう言えば、こないだもふっと、思いました。

幸せ感というのは、何かよきものを外部から受け取ることによるのでは

なくて、内なる心の中に、温かなものが湧き出すことによるのだなぁと。

だから、「いっぱい好かれる」とか「得をする」とかに関わらず、

自分の心に「いっぱい好き」「いっぱいやってあげたいと思う」

「しみじみ感謝」みたいな感情がガンガン湧き出ちゃう方が、

「幸せ」なんだな、と。

外的条件がどうあれ、心の中に温かなものが湧き出した時点で、

「幸せ」は完結しているのだな、と。

だから、ホントの愛に、見返りなんかは必要ないんだよね、と。


当たり前のようでいて、なかなか凡人には保持しづらい、この境地。

キリストの言う「無条件の愛」、ブッダの言う「慈悲」って、

このことなのかな〜って、思います。

外部環境や他人に依存していない感じが、めっちゃスッキリ、

気持ちいいですよね

幸せ度に関しては、社会通念的尺度は全く関係がなく、心の中にガンガン、

愛やら慈悲やら感謝の泉が湧き溢れる人になった者が勝ち、って感じ。


じゃーどしたら、そういう人になれるのか。

私思うに、そうなるためには、恐らく潜在意識の浄化と、それに伴って

現れてくる高次の自我意識(ハイヤーセルフ、真我)との同調、一体化が

必要なんだと思います。

そういった高次の自我意識とMAXに同調・一体化していた人が、

キリストとか、ブッダなのかな、と、思います。


「自分自身、そして自分の意識を理解すれば、宇宙を理解したのも

 同然です。 その瞬間、両者を隔てるものは消え去ります」

って、物理学者のアミット・ゴワスミって方が、おっしゃっています。

つまり、宇宙(世界)=自分(の意識)ってことですよね。

てことは、自分が人生で見ている景色、感じている感覚を、良くするか

悪くするかは、自分の意識次第、ってことですよね。

それを宗教家や神秘学者ではなく、物理学者さんが言っているってのが

スゴイ。 ワクワクしますね。

やっぱ、こういう未知の神秘ミステリー、「いっぱい大好き」だなぁ〜。(*^_^*)


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

頭でっかちの芝刈りのススメ。

まだバレンタインのチョコを全部食べきらないうちに、

先日はもう、ホワイトデーでした。

ホワイトデー当日は、かねてより私が「買うてきて〜」とねだっていた

東京スカイツリー土産バウムクーヘンと、グルメ姉の好物である

ピエール・マルコリーニのチョコを、弟が買ってきてくれました。

     170314_1909~010001.jpg      
   写真で撮ると、墓場の卒塔婆みたい?(^_^.)

私、バレンタインに弟に何もあげてないんですけどね〜。(^^ゞ

よい弟を持って、幸せです。(*^_^*)


今年は、禅と哲学をお勉強しようと思っていたのですが、なぜかこのところ、

量子力学の本を読み漁っています。

この、自分のあまりの本好きに、一時(もしかして自分、本中毒なんじゃ

ないだろうか・・・)と不安に思っていた時期もあったのですが、

バリの霊媒師さんに「あなたは導かれるままに本を読んだり、

思ったことをやったりすればよい」と言われたのをいいことに、

それ以来何の不安を抱くこともなく、思いっきり興味の赴くままに、

読み漁り願望を満たしています。📖


不思議なのは、読み漁り中の禅の本、哲学の本、量子力学の本、それに

以前読んだ古神道の本などに、同じことについての言及があることです。

それぞれ表現は違えども、言っていることは同じじゃん、と、

気づく箇所がある。👀

それは、目には見えない世界への言及、物質世界の真実について、です。

宗教、哲学、科学と道は違えども、行き着く真理は一緒なのだなと、

感動します。


ただ、その真実ってヤツは、腑に落ちる人には腑に落ちるけれども、

ピンと来ない人にはどうしてもピンと来ないっていう難点があるのが、

もどかしいトコロですね〜。

どの道を辿ろうとも、真理到達は、純粋に個人的体験なんですよね。

私もまだ「へ〜。ほ〜。マジですご〜」っていう、頭でっかちの段階。

でもそんな今が楽しいので、まだまだ読み漁り生活、続けたいです。(*^_^*)


そうして得た知識を現実に応用することで、良い習慣が身につくことも

あります。

例えば、「現実は内面の鏡のようなもの。出している波動が、返ってくる」

という知識。

これは、現実世界で、すぐに体験的に実証できます。

内面にクサクサした気分があるのを放置していたら、さらにクサクサする

ようなことばかり目につき始めて、内面にクサクサが増していくにつれて、

なぜかすれ違う人からも、クサクサした言葉を投げつけられたりする。

内面にクサクサした気分があるのに気がついて、放置せずに意志の力で

ほっこり波動にチェンジすると、視界の中で、ほっこりする場面が目につく

ようになり、さらに心がニコニコするにつれて、な〜んか街中の皆が、

優しくしてくれるような感じになってきたりする。


実験的にやってみると、本当にそうなので、「自分の心が出している波動に

常に気を付ける」という、良い習慣が身につきます。

そしてその習慣が身についてくるにつれて、だんだんと、「人間は、

外界からの影響に翻弄される存在ではなく、外界に影響を与えられる

存在なのだ」という信念が心に根付いてきて、ならば影響力の増強の

ために精進しよう、っていう好循環に、なっていくんですね〜。🆗

だから、頭でっかちもあながち悪いことではないと、

私は思っています。(^.^)


ただ、心の深い所で深い傷がうずいているような場合や、心の中が

ゴッチャゴチャでわけが分からなくなっているような場合は、

そう一筋縄ではいかないかもしれません。

そういう場合は、時間をかけてじっくり自分と向き合い、自分を癒し、

心の断捨離、整理整頓をすることが、必要になってきます。


ある本に、一般人と聖者の違いについて、「一般衆生の潜在意識は、

草ボウボウの荒れ地、聖者のそれは、キレイに刈りそろえられた芝生」

と、書かれてありました。

(なるほど〜。うまいコト言うな)と、思いました。

キレイな芝生も、ちょっと放置すると、あっという間に草ボウボウに

なりますよね。

日々聖者のような清々しい気分でいたいなら、毎日キレイに心の芝を

刈りそろえることが、大事になってきますね。(^_-)


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

人生プチ振り返り。

ひな祭りも過ぎ、春遠からじ。

   170305_1753~010001.jpg
   一粒千円の、真っ白フワフワなイチゴ。
   さがほのかで囲んでみました。カワイイ〜

とはいえ、寒暖差の激しさに、心臓が四苦八苦しているのが感じられる

今日この頃。

祖父母と父の命日が集中している3月上旬は、春の気配を感じつつも、

気を抜くのがコワい時期です。

母の体調チェックにいつも以上に厳しくなりつつ、何となく、

自分もこの時期なのだろうな〜という気も、しています。


歳のせいか、このところは誰と会っても、いつしか話題が「健康問題」と

「来たるべき死について」になることが多くなってきました。

若い頃からずっと死について考え続けてきた私にとっては、ごく身近な

話題ですが、ついこないだ(に思える)まで、恋愛や仕事など「生」に

ついてばかり生き生きと話していた友人知人が、「死」について、

自分のこととして語っているのを聞いていると、(人生って、短いな〜)

と、しみじみ感じてしまいます。


私自身は、現段階で人生を振り返っても、愛おしさと有り難さが心に

溢れてくるので、まぁ死ぬ時も、きっとそうなのだろうなと思っています。

この、ヤな記憶には無感覚になり、嬉し楽しかった記憶ばかりが、

キラキラと喜びと共に蘇ってくるのは、歳のせいなのか、そもそも

そういう性格なのか、それともヒプノやヒーリングや色々なワークなどで、

心を癒しちゃったからなのか…。


今現在の意識状態が、過去の記憶及び未来の経験に影響を与えると

いうのは、何かで読んだことがあります。

やはり、過去や未来はどうあれ、今現在の意識状態を良い状態に整える

ことが、全てのキーとなる感じがしますね。

最近は、ひょんな時に突然意識が妙な感じになって、まるで楽しい夢の中

にでもいるような気になり、(わ〜自分、生きて動いてる〜。人間世界、

面白い〜)と、内側から喜びが込み上げてくる瞬間があったりします。

これは、一体、何現象なのか。

老化現象か。(^^ゞ


振り返れば、人生でツラい時期はいつも、自分の選択が間違っているか、

自分の心の奥の浄化が必要な時か、気づくべき重要な真理がある時か、

でした。

自分にトコトン、徹頭徹尾真正直であれば、さっさと対処できたので

しょうが、「自分にトコトン真正直」って、意外に難しかったですね〜。

世間体や社会常識への捉われ、自分の欲や、出し惜しみの気持ちが、

思いっきり「自分の本心」を、邪魔してくれましたね。

自分でも、自分が自分の本心から目を逸らしていることに、

気づかないくらいに。


まぁでもそのお蔭で、本当の自分からズレてる時にはどんな感覚がする

ものなのか、実感として、分かりました。

心や精神、意識などについて、むざぼるように知識を欲したのも、

若い頃の心のツラさがあったればこそ。

今思えば、全ては恩恵だったな〜。


――って、振り返り過ぎか。(^^ゞ

まだまだ、多分、先はある。🔛

これからも、人間世界の人間体験、楽しむぞ。(^.^)

   170307_1131~010001.jpg
   仲良し同期2人と、表参道の大好きなお店で
   ランチしてきました。

   170307_1346~010001.jpg
       1人はお誕生日でした。


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

哲学的思索ループ。

年を経ると、自分史が長くなってくるがゆえの、不思議な感慨があります。

先日は、20年以上通っている美容院に髪を切りに行ったのですが、

思い返せば、その美容師さんに初めてお会いしたのは、お互い20代

だった頃。

出会った時は、まだ彼は店員さんだったのに、今はオーナーです。✂

環境は変わっているのですが、同じように歳を重ねているからか、

お会いする時の印象は、ずーっと全然、変わりません。


美容院終了後、大学時代に毎日のように通っていた、表参道の交差点脇の

アンデルセンでランチをしたのですが、窓際の席に腰を下ろした途端、

大学時代に目に映っていた映像が、脳内にフラッシュバックしました。

そのフラッシュバック映像は、確実に過去のものなのだけれども、

それを眺めている自分自身は、昔も今も、まるで時が経っていないかの

ように、同じに感じました。👀


先日、20年ぶりに会社員時代の先輩にお会いした時にも、

(え、ホントに20年も経ったの?)って感じで、20年という年月が、

本当に存在したのかどうか、ちょっとよく分からないような感覚に

陥りました。


何だか、時間の流れがあるのは外界のみで、人間の内界には、

時間というものがないような・・・。

ずーっと夢を見ていて、夢の中で何年も過ごしたつもりだったのに、

目が覚めたら、ちょっと一瞬、うたたね寝してただけだった、みたいな・・・。

歳のせいか、最近、よくそういった感覚に陥ります。

何ともいえず、不思議な感慨ですね。(^_^.)

ヒプノから戻ってきた時の感覚にも、似ているかな。(^.^)


なぜヒプノから戻ってきた時の感覚と似ているのかを考えてみると、恐らく、

過去の記憶は単なる脳内映像であって、幻のようなものであると、

実感として気づくところが似ているのだなと、思い当たりました。

つまり、過去の記憶は意識の中だけにある実体のないもので、

それはそういう夢を見ました、っていうのと同じで、今現在の、

リアルでマテリアルな現実には全然関係がない、って、

気づいちゃうみたいな。


まぁもちろん因果律によって、過去の出来事が現在の状況につながって

いるのも真実なのでしょうけれど、それでも過去は、夢のように意識の

中だけに存在するリアルではないもので、現在のみがリアル・・・

いや、現在はリアルな感じがしますけれど、実際は現在も刻々と

過去になっていっているので、リアルな気がしている現在も、

もしかしたら意識の中に存在する夢、なのかもしれません。


となると、本当のリアルって一体何?って話になってきますよね。

――どーでもいいっちゃ、どーでもいい哲学的思索ですが。(^_^.)


そう言えば、話全然変わりますが、先日お会いした先輩方のお一人が、

前にお教えした数秘術の内容が、当たっているとおっしゃっていました。

数秘術では、人生を4つの期間に区切り、それぞれの期間はそれぞれ

特定の数字のエネルギーの影響を受ける、という教えがあるのですが、

私を含め、同年代の方々は皆そろそろ、数秘術で言うところの晩年期に、

遅かれ早かれ突入する時期。(^_^.)

人生テーマの切り替わりが、人生模様や心模様の切り替わりとなって

現れることが多いのですが、先輩も、その切り替わりを実感された模様。


てことは、やっぱり人生って、映画のように、ある程度シナリオが

決まっているんだな〜と、思いました。

映画は、観ている時は引き込まれて、感情移入しまくりますけれども、

実のところはフィルムであって、現実ではないわけで、その状況で現実は

何かって言えば、まぁ、映画を観ている観客とか、観客側の世界ですよね。


てことは、自分の人生をこの目で観ている、人間こそがリアル?

いや人間も、映画の中のキャラクターだから、そのキャラクターを通して

映画を観ている「何か」、およびその「何か」が属する世界がリアル?

――とまた、不毛な哲学的思索に戻ってしまった。(^^ゞ


実は私もすでに、2年ほど前から数秘術的には晩年期に切り替わって

おります。

さほどの人生模様の切り替わりは実感していないのですが、晩年期は、

これから死ぬまで続くので、取り組むテーマも、ゆっくり、じっくり、

取り組めばよいのだそうです。

これからの人生シナリオで、何があるのか、何もないのか、分かりません

けれども、エンドロールが流れる時まで、我が人生映画を、思いっきり

楽しみたいなと思っています。(^^)

   170226_1245~010001.jpg   
 大学時代の行きつけだったアンデルセンから見た、表参道交差点。
 大学時代から四半世紀経っても、変わらず建っていてくれることに感謝。

   170226_1309~020001.jpg
      サラダランチを食しました。
      相変わらず、パン激ウマ

   170228_1158~010001.jpg
     先輩方と、自由が丘でビストロランチ。
     鶏レバーのムースが、相変わらず超美味。


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする