2018年07月28日

晩年は、素の自分。

先日、鎌倉に住む母の従兄(御年87歳)が県から表彰された

というので、家族全員でお祝いに行ってきました。

いや、お祝いと言うのは実は口実に近く、母曰く「今のうちに

会っておいた方がいいから…」ということで。

数か月前に、自宅の階段から落ちて車イス生活になってしまった

と聞いて、心配していたのですが、会ってみると、思いの外

すこぶる元気そうで、ホッと安心しました。(^^)


一人っ子の母にとって、この従兄は幼少期を一緒に過ごし、

人生通して仲良くしてきた、お兄さんのような存在です。

母方の親族は、どうも派手な人物が多いのですが、この従兄が

ひときわ派手な、典型的な芸術家タイプでして。(^^ゞ

とにかく自由に、自分ファーストで生きた人生だったのですが、

ここ数年、何らかの心境の変化があったのか、数カ月に一度、

母を自宅に呼び寄せるようになりました。

自分の最初の家庭は、もうずっと前に崩壊してしまっているので、

昔なじみの妹のようなウチの母と会うのが、このおじにとっては、

心安らぐ時間なのかもしれません・・・。


そんなおじに対する、物心ついてからの私の印象も、

「とにかく自分ファーストな人」というものだったのですが、

久しぶりに会ったおじは、何だか別人のように印象が違っていて、

軽く衝撃を受けました。

長年かぶっていたペルソナが、外れた感じなのかなぁ〜。

とてもリラックスしていて、態度が柔らかで優しく、何より笑顔が

ウチの母にソックリで、驚きました。

と同時に、てことはこれまでどれだけ、そのペルソナを盾に、

素の自分を必死に守ってきたのかということに思い至り、

何だかとても、切ない気持ちにもなりました。

家族に対する胸の内を語るおじの、優しく繊細な素の姿を

目の当たりにして、(私、長年、おじちゃまのこと、誤解して

いたのかもしれないなぁ〜)と反省し、おじのことが大好きに

なりました。(*^_^*)


人は、歳を取ると、それまで素の自分を覆い隠していたペルソナが

剥がれ落ち、柔らかな素の自分が、むき出しになってくるのかも

しれません。

人生中盤の自分も、そうとは気づかないままに、今はペルソナを

まとって、素の自分はその下に埋もれているのかもしれないなぁ

と思いました。


ペルソナは、社会生活を上手に乗り切るために人間が身につける

表面的な人格のことですから、「素の自分」は、人が社会生活に

出る以前、つまり「三つ子の魂」なのだと思われます。

ホロスコープでは「月」が象意する分野で、心理学的には

「潜在意識(比較的浅い部分)」です。

年齢退行で戻った乳児の私は、まるで禅僧のような赤ん坊だった

ので、きっと晩年の私は、そんなおばあちゃんになるのだと

思われます。( 一一)

八千草さんみたいな、ふんわり可愛い、愛されおばあちゃんに

なりたかったんだけどなぁ〜!


何はともあれ、ここへきて、素のおじに会えて、おじを大好きに

なることができて、とても幸せに感じました。

人生に「大好き」が増えるほど、人生を生きる幸せ度って、

飛躍的に上がりますもんね〜。(*^_^*)

この夏、私の幸せ度を飛躍的に上げてくれたおじに、

心から感謝です☆


   CA3K16530001.jpg

夏なので、朝ドライブ&ブレックファストで、バカンス気分♪
posted by noa koa at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

THE・解放の日。

昨日の昼過ぎ、暑い中、お道具箱などのたくさんの荷物を抱えて、

小さな小学生たちが、えっちらおっちらと可愛らしく、帰宅の途に

ついているのを目にしました。

「そっか!明日から夏休みか!」

明日から夏休みが始まるっていう、一学期終りの日は、私の

小学生時分、一年の内でいっちばん、大好きな日だったなぁ〜。

「THE・解放の日」って感じ。\(^o^)/

今でもその時の感覚を思い出すたびに、すんごい幸せな気分に

なります。

小さな彼らが皆、楽しい楽しい夏休みを過ごせますように♪(^^)


さて大きな我々にも、夏は同様にやってきております。

余りの酷暑に、日々生き延びるだけで精一杯、って感じも

しますが・・・。(――;)

先日は、弟のお誕生日イベントで、八景島水族館に涼みに行ってきました。

意外にめっちゃ、楽しめました。

     CA3K16210001.jpg
          エイ。顔?がかわいい。

   CA3K16150002.jpg
          アシカ?だったかな?

   CA3K1640.jpg
            フライングタートル。

   CA3K1628.jpg
            皇帝ペンギン。

   CA3K1647.jpg
            イルカワールド。

   CA3K1649.jpg
            ベストショット。

   CA3K1644.jpg
            イルカショー。
   
お魚たち、本来なら広い海で自由に生きられるところを、

何の因果か狭い水槽に閉じ込められて、かわいそーだなーと

思いつつ、弟の「でもエサはもらえるし、外敵に襲われる心配もない」

という指摘に、(どっちが幸せなのかなぁ〜?)と、考えてしまいました。

ちょっと前から、あらゆるモチベーションやインスピレーションが

ピタッと止まり、水の中の魚のようなモードが続いているワタシ。

水槽の中のお魚たちに、ちょっと自分を重ね合せてしまったのかも

しれません。


お魚には「幸・不幸」の感覚はないかもしれないけれど、

このシロクマくんは、確実に倦怠を感じていると思うなぁ〜。

   CA3K1625.jpg
        故郷の南極を思っているのかなぁ・・・。

いつかこのシロクマくんにも、「THE・解放の日」がやってくると

いいなぁ・・・。
posted by noa koa at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

スポーツ観戦で自分発見。

いや〜、今朝の試合は感動した!

先日の、錦織がウィンブルドン8強入りを決めた試合も感動した

けれど、今朝のクロアチアチームの死闘も、素晴らしかった!

皆、何てメンタルが強いんでしょう!

華麗なるスーパープレイも感動するけれど、やっぱりスポーツで

一番感動するのは、アスリートの素晴らしい精神力を見た時ですね。

まるで何かに殉じる修道士のように、献身的にひた走る

モドリッチの姿には、涙が出そうになりました。(T_T)

あ〜、今日は朝から、美しいものを見た。(^.^)


どうも私は、自分の心の琴線に触れるものに出会うと、言葉では

言い表せないくらい、幸せな気分になる傾向があります。

感性重視の、牡牛座生まれのせいですかね。

例えば結果重視の山羊座生まれとかだったら、

心の琴線ウンヌンよりも、社会的な成果を得、確たる地位を

築けた時に、心底幸せな気分になるのかもしれません。

人それぞれですね。


そう言えば、生年月日も出身地も血液型も同一な大学時代の

親友が、「生まれてこの方、ずっと“自分の感性”というものを

楽しんで生きている」と言っていましたが、言われてみれば私も、

そうなのかもしれません。

というのも、「美しい!」と思うと手放しで称賛し、「醜い!」と思うと

ケチョンケチョンにけなす私のスポーツ観戦の仕方を見て、

「スポーツ観戦の仕方が、非常に偏っている…」と、弟が呆れて

いるからです。(^_^.)

私という人間は、自分の感性の「美しい/醜い」の感覚によって、

容易に気分がアップダウンしてしまう性質を持っているのだなぁと、

スポーツ観戦からも、思い知らされました。


確かに、昔から、数あるストレスの中でも、「醜いもの」に

対するストレス耐性は、特に低かったかもしれません・・・。(-_-;)

逆に、心の琴線に触れるような「美しいもの」に出会うと、

胸が一杯になって、感動にのた打ち回っていました。

――確かに極端ですね。(^^ゞ


そう言えば、ハワイのサイキックリーディングでも、

「『それって人としてどうなの?!』ということに出会うと、あなたは

怒りが爆発する。人というものは皆完璧ではなく、物事も白か黒か

ではない。自分も含めて全ては進化の過程にあり、成長の段階に

あるのだから、その全てをそのまま愛する、ということができるよう

になると、あなたはその胸にぽっかり空いた穴がふさがって、

まぁるい、完全な人になれます」って、言われていたのを

思い出しました。(言われた時は、なぜか号泣。(T_T))


「その全てを、そのまま愛する」ことをすっかり忘れ、W杯中は、

やいのやいのと、TVに向かって罵詈雑言だったかも

しれません・・・あ〜あ、反省。

「まぁるい、完全な人」になるのは、まだまだ遠そうです・・・。(-_-)
posted by noa koa at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

きっちり道楽。

すっかりご無沙汰してしまった・・・。(^^ゞ

その間に、梅雨は明け、夏が来て、日本はベスト8を目前に惜敗。

でもすっごいいい試合だったので、悔しいけれども、

気分はさわやか、って方が多いんじゃないでしょうか・・・。(^.^)

日本代表、美しかったな!(*^_^*)

残る数試合は、前のめりにならず、ソファーでゆったり

くつろぎながら、気楽にサッカー鑑賞ができそうですね。

今は世界中がサッカーに夢中ですが、W杯が終わったら、

本格的にそれぞれの夏到来、って感じですかね。(^^)


さて夏と言えば夏休み、「夏休み」というのは、私の大好きな

イメージであり、幸せの原風景であります。

「人生全部が夏休み」というのが、私の夢だったのですが、

何だかんだ、ソコソコ叶っちゃってる感もあり。

ホロスコープでは、太陽が人生の目的を表すのですが、

私の太陽のサビアンシンボルは「広々とした、手入れの行き届いた

公共の公園」なので、何となくイメージ的にホリデイ感があって、

夏休みとカブる。

だからこんなに、「夏休み」っていうイメージが好きなのかな〜、

と思います。(^.^)


そう言えば、数年前から、パタッと読書欲が収まったワケ。

不思議だな〜と思っていましたが、ホロスコープを見て、

合点がいきました。

どうやら数年前に、私は「情熱」や「意欲」を表す火星の発達期が

終わり、「幸運」や「拡大発展」を表す木星の発達期に入っていた

のです。

もちろん、今も読書は大好きなのですが、過去10年のような

追い立てられる感とか、勢いみたいなものがなく、

「勉強」というよりは、「道楽」感が強い感じ。( 一一)


木星は、まさに道楽感のある、ハッピー増し増しな

意識エネルギーです。

言うほどそんなにハッピー増し増し感はないのですが、数年前の

自分のモードチェンジとの符合に、「だからか〜」と思うと同時に、

人間って、時限装置によって自動発動・自動発達するロボット

みたいなもんなんか〜?と、少々驚きました。

「やむにやまれぬキモチ」とか、「な〜んか今、こういうモード」

とかって、あらかじめ自分にセットされていたプログラムが

発動した結果なのかと思うと、ちょっと、何とも言えませんね。(^_^.)

自分は自分のこの身体で、自分の人生を生きているつもりが、

実はこの身体は自動運転のロボットみたいなもんで、自分は

それに乗っかって、この「自分」という人間を実体験する

アトラクションを楽しんでいるだけなのかな?みたいな。


道楽色の強い木星ですが、私の場合はそれが「きっちりかっちり」

の乙女座に入っているので、「きちんとした道楽」あるいは

「道楽をきちんと」的な感じになるのかな〜。(*^_^*)

確かに、W杯はほとんどきっちり観てる!戦術批判とか選手の

分析とかも、言いたい放題、バンバンしてる!超乙女座的に

楽しんでいるかも!(笑)


あと10日ほどでW杯は終わってしまいますが、皆様燃え尽きずに、

それぞれの夏を楽しみましょう♪

今年の夏休みの自由研究は、掘れば掘るほど面白い

「ホロスコープ」を、深堀りしてみようかな♪(^.^)
posted by noa koa at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする