2011年07月21日

夏休みの自由研究☆

えーっと。 3回目、観てきちゃいました。映画

すっかりハマッています、この夏は、「薔薇サム」に。キスマーク

「ベルばら」大好き、アレクサンドル・デュマ大好きな私は、

中世ヨーロッパを背景とした絢爛豪華な陰謀冒険活劇には、

無条件に血沸き肉踊っちゃうんですよね〜。グッド(上向き矢印)

前世で、自分、騎士だったことがあるんじゃないかと、

密かに思っているのですが、残念ながら、これまでの前世退行では、

そういった前世は見たことがありません。。。

でもここまでハマるってことは、

きっと何か、潜在意識的な原因があると思うんだなっ。

ちょっと、今度、探ってみようかな〜。(^.^)


さて、いつの間にか海の日も過ぎ、

世の中の子供たちは、待望の夏休み突入ですね。晴れ

私も夏休み、だ〜い好きでした。わーい(嬉しい顔)

「毎日、夏休み」が、長年の夢だったくらい。(笑)

夏休みになると、朝から読書に思いっきり没頭できるのが嬉しかった、

という思い出があるので、大人になってからも、

毎年、夏の盛りになると、ついつい、本の一気読みがしたくなります。本


で、久しぶりに、図書館で、本を数冊、借りてきました。

そしたら、借りてきた本の中に、大変興味深い本があり。目

欧米にてスピリチュアリズムの最重要文献と評されている、

死後の世界についての、いわゆるチャネリング本です。

(ちなみに、春秋社の「不滅への道」という本です)

1900年代初頭に書かれた物らしいのですが、

現代の量子物理学の研究発表と重なることを言っていたり、

私自身の不思議体験の疑問点にも答えてくれていたり、

何となく借りてきた本でしたが、大変有益な本でした。ひらめき


その本によると、死というのは、意識できる周波数が変わるだけで、

本人の自我は、死後も消えることなく、存続するのだそう。on

そして、死の直後は、冥府と呼ばれる中間生で、

地上にもう一度生まれ変わりたいかどうかを自分で決定し、

そこで生まれ変わりを選択しなかった人は、

望んだことが即座に叶う、楽園のようなところに行くそうな。リゾート

中間生で、地上生活を振り返り、反省したり総括したりする、

ってのは、ヒプノセラピーの前世退行でも体験することなので、

なかなか興味深く読み進みました。
 
その本によると、今現在私たちのいる「物質界」って世界が、

生命(魂)の進化の世界の中では、どうやら一番しんどい世界であり、

幾度かの地上での生と死を経て、魂(意識)が成長し進級していくと、

やがて周波数の違う世界に移り(それまでの周波数を脱ぎ捨てる)、

その後もより高い次元へと順次移行(脱皮?)していくにつれて、

魂はよりラクで、より気づきの多い、素晴らしい生活ができるらしい。


自動書記によるチャネリング情報なので、真偽の証明はできませんが、

もしこの情報を知ったら、津波で大切な人を突然亡くした人たちの心が、

ほんのちょっとでも癒されるんじゃないだろうか・・・と、ふと思いました。


あと、私にとって大変参考になったのが、「類魂」についての記述です。

「類魂」とは、多数の魂が1つにまとまったグループのようなもので、

地上の生命は皆、ある類魂グループから派生した分枝魂であり、

その類魂に含まれる魂の数や種類は、人それぞれなのだそう。

どうやら、ヒプノセラピーで体験する前世の魂などは、

自分の属する「類魂」に含まれている魂であるようです。

「類魂」に属する魂は、互いに経験やカルマを共有し、力を合わせて、

自分らが所属する「類魂」の、進化成長を目指しているとのこと。

「類魂」には、人間の魂だけではなく、動物、植物、魚、昆虫など、

あらゆる生命意識が、渾然一体となって束ねられているそうです。


この記述を読んで、私の2つの不思議体験の謎が解けた気がしました。

1つは、猫だった時の前世記憶を、超リアルな夢で見たこと。猫

もう1つは、奈良の霊山である三輪山で、ある杉の木に、

「私はあなたの親のようなものです」と、

(テレパシーみたいな感じで)言われたことです。耳

自分が実際体験したことながら、

「猫から人間に生まれ変わるなんて、あるのか??」

「杉の木が親って、一体どういうこと??」

と、ずーっと長い間、疑問に思っていました。

それが、それらはつまりは、私の属する「類魂」の中に、

猫や杉の木の魂が一緒に属している、ってことなんだなひらめき

と理解することができて、大変スッキリしました。グッド(上向き矢印)


モーツアルトのような、生まれながらの天才も、

「類魂」の存在により、説明がつくようです。

つまり、その属する類魂において、音楽の経験が豊富な魂が多く、

類魂団全体として、音楽の才能が開発されていると、

地上におけるその1つの分枝魂(この場合モーツアルト)が、

その類魂団のもつ無意識的知識を携えて生まれ、

地上生活において、その類魂の特性を顕著に現すことがあるそうです。


TVで芸能人なんかを見ていて、

「なんかこの人、ラクダっぽくな〜い?」とか、

「爬虫類っぽくな〜い?」とか、

面白半分に言ったりすることがありますが、

これももしかしたら、その人の「類魂」のお仲間が、

物質的形状に、にじみ出てきているのかもしれないですね〜。(^^)


ところで、私がこんなに「薔薇サム」にハマるということは、

私の「類魂」の中に、ひょっとしたら中世ヨーロッパで大暴れした、

やたらと腕の立つ、命知らずのステキな魂がいるんじゃないかと、

手前勝手な妄想をしてしまうのだけれど、

今の自分に現れている特性を考えると、それはないか〜。(-_-;)

あ〜、アンヌやオスカルと、類魂になりたいっ☆ぴかぴか(新しい)

(注:アンヌ(「薔薇サム」)、オスカル(「ベルばら」)は、

   物語の中の架空の人物なので、それは絶対に無理です)


リゾート ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa リゾート

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 03:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: