2017年03月16日

頭でっかちの芝刈りのススメ。

まだバレンタインのチョコを全部食べきらないうちに、

先日はもう、ホワイトデーでした。

ホワイトデー当日は、かねてより私が「買うてきて〜」とねだっていた

東京スカイツリー土産バウムクーヘンと、グルメ姉の好物である

ピエール・マルコリーニのチョコを、弟が買ってきてくれました。

     170314_1909~010001.jpg      
   写真で撮ると、墓場の卒塔婆みたい?(^_^.)

私、バレンタインに弟に何もあげてないんですけどね〜。(^^ゞ

よい弟を持って、幸せです。(*^_^*)


今年は、禅と哲学をお勉強しようと思っていたのですが、なぜかこのところ、

量子力学の本を読み漁っています。

この、自分のあまりの本好きに、一時(もしかして自分、本中毒なんじゃ

ないだろうか・・・)と不安に思っていた時期もあったのですが、

バリの霊媒師さんに「あなたは導かれるままに本を読んだり、

思ったことをやったりすればよい」と言われたのをいいことに、

それ以来何の不安を抱くこともなく、思いっきり興味の赴くままに、

読み漁り願望を満たしています。📖


不思議なのは、読み漁り中の禅の本、哲学の本、量子力学の本、それに

以前読んだ古神道の本などに、同じことについての言及があることです。

それぞれ表現は違えども、言っていることは同じじゃん、と、

気づく箇所がある。👀

それは、目には見えない世界への言及、物質世界の真実について、です。

宗教、哲学、科学と道は違えども、行き着く真理は一緒なのだなと、

感動します。


ただ、その真実ってヤツは、腑に落ちる人には腑に落ちるけれども、

ピンと来ない人にはどうしてもピンと来ないっていう難点があるのが、

もどかしいトコロですね〜。

どの道を辿ろうとも、真理到達は、純粋に個人的体験なんですよね。

私もまだ「へ〜。ほ〜。マジですご〜」っていう、頭でっかちの段階。

でもそんな今が楽しいので、まだまだ読み漁り生活、続けたいです。(*^_^*)


そうして得た知識を現実に応用することで、良い習慣が身につくことも

あります。

例えば、「現実は内面の鏡のようなもの。出している波動が、返ってくる」

という知識。

これは、現実世界で、すぐに体験的に実証できます。

内面にクサクサした気分があるのを放置していたら、さらにクサクサする

ようなことばかり目につき始めて、内面にクサクサが増していくにつれて、

なぜかすれ違う人からも、クサクサした言葉を投げつけられたりする。

内面にクサクサした気分があるのに気がついて、放置せずに意志の力で

ほっこり波動にチェンジすると、視界の中で、ほっこりする場面が目につく

ようになり、さらに心がニコニコするにつれて、な〜んか街中の皆が、

優しくしてくれるような感じになってきたりする。


実験的にやってみると、本当にそうなので、「自分の心が出している波動に

常に気を付ける」という、良い習慣が身につきます。

そしてその習慣が身についてくるにつれて、だんだんと、「人間は、

外界からの影響に翻弄される存在ではなく、外界に影響を与えられる

存在なのだ」という信念が心に根付いてきて、ならば影響力の増強の

ために精進しよう、っていう好循環に、なっていくんですね〜。🆗

だから、頭でっかちもあながち悪いことではないと、

私は思っています。(^.^)


ただ、心の深い所で深い傷がうずいているような場合や、心の中が

ゴッチャゴチャでわけが分からなくなっているような場合は、

そう一筋縄ではいかないかもしれません。

そういう場合は、時間をかけてじっくり自分と向き合い、自分を癒し、

心の断捨離、整理整頓をすることが、必要になってきます。


ある本に、一般人と聖者の違いについて、「一般衆生の潜在意識は、

草ボウボウの荒れ地、聖者のそれは、キレイに刈りそろえられた芝生」

と、書かれてありました。

(なるほど〜。うまいコト言うな)と、思いました。

キレイな芝生も、ちょっと放置すると、あっという間に草ボウボウに

なりますよね。

日々聖者のような清々しい気分でいたいなら、毎日キレイに心の芝を

刈りそろえることが、大事になってきますね。(^_-)


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: