2017年03月23日

幸せ感のミナモト。

桜の開花宣言が出たそうで。

やっと春かぁ〜。

今年の冬は、キツかったぁ〜。

生き延びることができて、ヨカッタです。(*^_^*)


先日は、中高の親友の一人がお誕生日だったので、キノコが自慢の

恵比寿のフレンチ「マッシュルーム」さんにて、お祝いディナーを

してきました。🍴

   170321_1857~010001.jpg
         ナプキンかわいい。

   170321_1946~010001.jpg
       マッシュルームと生ハムの前菜。

   170321_2013~010001.jpg
          キノコ盛り合わせ。

   170321_2043~010001.jpg
   舌平目の青のり何ちゃらソース。白いキノコが乗ってます。
   これは他の白身魚で、家でマネッコできそう。(^.^)

   170321_2204~010001.jpg
  デザート注文、タルトタタンとビターチョコのムースで思いっきり
  迷っていたら、泣く泣く諦めた方のビターチョコのムースを、人数分、
  サービスしてくださいました。よ〜く見たら、盛り付けキノコ風。(^.^)

   170321_2153~010001.jpg
        はっぴばーすでー。

相変わらず、身体のガタピシ話で盛り上がりつつ、皆それなりに元気だと、

ほっこり安心します。(^^)

健康や体力、人からの優しさなど、色んなものを無邪気に、当然のように

受け取っていた若い頃に比べて、様々なものが身に染みて有り難いと

思える今の方が、もしかしたら、幸せ度は上かもしれません。


そう言えば、こないだもふっと、思いました。

幸せ感というのは、何かよきものを外部から受け取ることによるのでは

なくて、内なる心の中に、温かなものが湧き出すことによるのだなぁと。

だから、「いっぱい好かれる」とか「得をする」とかに関わらず、

自分の心に「いっぱい好き」「いっぱいやってあげたいと思う」

「しみじみ感謝」みたいな感情がガンガン湧き出ちゃう方が、

「幸せ」なんだな、と。

外的条件がどうあれ、心の中に温かなものが湧き出した時点で、

「幸せ」は完結しているのだな、と。

だから、ホントの愛に、見返りなんかは必要ないんだよね、と。


当たり前のようでいて、なかなか凡人には保持しづらい、この境地。

キリストの言う「無条件の愛」、ブッダの言う「慈悲」って、

このことなのかな〜って、思います。

外部環境や他人に依存していない感じが、めっちゃスッキリ、

気持ちいいですよね

幸せ度に関しては、社会通念的尺度は全く関係がなく、心の中にガンガン、

愛やら慈悲やら感謝の泉が湧き溢れる人になった者が勝ち、って感じ。


じゃーどしたら、そういう人になれるのか。

私思うに、そうなるためには、恐らく潜在意識の浄化と、それに伴って

現れてくる高次の自我意識(ハイヤーセルフ、真我)との同調、一体化が

必要なんだと思います。

そういった高次の自我意識とMAXに同調・一体化していた人が、

キリストとか、ブッダなのかな、と、思います。


「自分自身、そして自分の意識を理解すれば、宇宙を理解したのも

 同然です。 その瞬間、両者を隔てるものは消え去ります」

って、物理学者のアミット・ゴワスミって方が、おっしゃっています。

つまり、宇宙(世界)=自分(の意識)ってことですよね。

てことは、自分が人生で見ている景色、感じている感覚を、良くするか

悪くするかは、自分の意識次第、ってことですよね。

それを宗教家や神秘学者ではなく、物理学者さんが言っているってのが

スゴイ。 ワクワクしますね。

やっぱ、こういう未知の神秘ミステリー、「いっぱい大好き」だなぁ〜。(*^_^*)


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: