2017年05月15日

潜在意識が納得するまで。

昨日は、母の日でしたね。

3年前に、父が突然事故で亡くなってから、母親が今日も元気で生きていて

くれるってことが、どれだけ幸せで有り難いかということを、日々実感し、

感謝するようになりました。


人生において、誰が心理的に大きな存在感を持つかということは、

人それぞれだと思いますが、私はどうやら、母親のようです。

親をウザく感じて敬遠しがちな高校生の頃から、「お母さん大好き」と

友達に豪語して驚かれていたし、年齢退行でも母親が最初に出て来たし

(年齢退行で一番最初に出会う人物が、その人にとって心理的に大きな

存在感を持っているとされています)、前世退行でも、今世私が

生まれて来た目的に、母は大きく関わっているようでした。


ヒプノセラピーを受ける前は、「私がお母さんを助けなきゃ。私が

お母さんを幸せにしなきゃ」という、その使命感に、無意識的に、

ガチガチに縛られていたように思います。

そのためだったら、泥も飲むし腹も切るぐらいの勢いでしたね。

気持ちだけですけど。(^_^.)

今も結構、縛られている気はしますが、そんな自分の心の様相を

客観視できるし、使命感も、大分ユル〜くなりました。

ま、今は昔に比べて、母がラクで、幸せに暮らせているというのも、

あると思いますが。(^^)


自分の、母親に対するちょっと普通じゃない使命感を理解する上で、

ヒプノセラピーは、とても役に立ちました。

何かの本で読みましたが、人生における使命感の裏には、

前世における罪悪感があるのだそうです。

前世退行で感じたのも、まさにそれでしたね。

今現在の理性的意識で考えると、前世の自分の、今の母に対する行為は

(別に、罪悪感を感じることないんじゃん?)と思うのですが、

潜在意識の中に罪悪感が残っちゃってるっていう事実は、

しょーがないんですよね〜。

潜在意識が納得するまで、粛々と解消するしかありません。

――と、いうことを、頭で理解できたのが、良かったなと思います。(^^)


ですので、昨日も母の日パーティーのご馳走を、母の喜びそうな

メニューで、頑張って粛々と作りました。(*^_^*)

「どれもこれも美味しいお店のお料理より美味しい」と喜んで

もらえて、(さすがにそれは、過分なお世辞だろ)とは思いましたが、

母の喜ぶ顔を見て、私の心も、どうやら大満足のようでした。(^^)

これでどんだけ、私の潜在意識の、納得・満足パーセンテージが、

上がったかな〜?

カルマの解消って、気持ちがいいもんですね。

posted by noa koa at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: