2017年05月22日

一億総不思議ちゃん。

5月って、本当に好き。

毎日、「何と世界は気持ちいいのだ」と感激しながら過ごしている

うちに、お誕生日も過ぎ、朝の空気に夏の香りも混ざってきました。

こうして若かりし頃も、若葉の頃も、あっという間に過ぎて

しまうんですね〜・・・。(T_T)

せめて毎年巡ってくる若葉の頃は、しっかりしみじみ、実感しておこうと

思っています。

     CA3K12580001.jpg
   姉が、私のイメージで買ってくれたというシャンパン。

   CA3K12590001.jpg
   母の日は、母のリクエストでお肉メインだったので、
   私の日は、私の好みで、チーズフォンデュ。(*^_^*)


お誕生日が来るたびに、自分もその昔は生まれたての赤子だったのだと

思うと、何だか不思議な気持ちになります。

先日、親戚宅に新築祝いに伺った時、その家の4歳の女の子が

「不思議ちゃん」と呼ばれていて、その昔、自分もそうだったなぁ〜と、

幼かった頃の自分を思い出しました。


4歳の彼女には、見えないお友達がいるのだそうですが、私も幼い頃は、

目に見える世界全てがお友達、って感じでした。

外界と内界の、分離感がなかったんですよね〜。

自意識もないから、自分が見ているそのものと、すぐに溶け合っちゃう、

って感じ。

今考えてみると、幼い頃は、常に深い瞑想状態だったのかな?って

思います。

いつだって何かに見守られている感じで、とっても幸せでしたね。


さすがに成長して社会生活が複雑になってくると、世界との一体感は薄れ、

現実がくっきりと意識に入り込んできて、分離感が強まりましたけど、

この歳になってきてまた、あの頃のような絶対的平和感が、意識の中に

戻ってきているような気がします。

まさか老化現象じゃなかろうなと、危惧するところではありますが。(^_^.)


その、幼い頃からずっとある「目に見えない何かとつながっている」感は、

感じる程度に強弱はあれど、この歳になるまでずーっと、自分の中に

あります。

なので、周囲に「不思議ちゃん」とからかわれていた4歳の彼女にも、

「それ、歳を取ってもずーっと変わらないよ〜。でも、むしろメリット

だから」と、励ましておきました。(^^)


だって、実際、本当にメリットだったから。

入試で答えを教えてもらったり、人生のピンチに安心させてもらったり、

トラブルの解決法をおしえてもらったり、向き合うべき課題を教えて

もらったり・・・。

いつもホントに、優しく導いてもらえました。

目に見えない味方がいるって、最強な気分じゃない?!

周囲からは、「不思議ちゃん」にしか、見えないだろうけれど。(^^ゞ


幼い頃は、その目に見えない何かが何なのか、自分に起きたことは

どういうことなのか、全く分からなかったけれど、大人になって、

色んな本を読み漁るうちに、何となく、分かってきた気がします。

恐らく、そいつぁ〜、ハイヤーセルフだったのだろうなと。

私は人一倍ボケ〜ッとした子供だったことからしても、幼い頃、

左脳の発達がイマイチだったのかもしれません。

ゆえに、右脳で受け取る直感を、ダイレクトに受け取れちゃって

いたのかも。


脳が発達しているはずの今もなお、なぜかいまだに少々「不思議ちゃん」

なのですが、それをマイナスに思ったことはありません。

めっちゃ心強い味方が、いつもついていてくれる、みたいな気分。(^^)

私にとってハイヤーセルフは、言うこと言うけどすんごい優しい、

私に甘々な親、みたいな感じです。

ヒプノで、視覚で捉えたハイヤーセルフは、超イケメンの金髪青年

でしたけど。(^^ゞ

そこは、私の俗な欲望に合わせてくれたみたいです。(笑)


私は左脳がイマイチだからなのか、幼い頃からこんなでしたけれど、

左脳の発達が高度な方(特に男性とか)は、なかなかハイヤーセルフとの

接触を感じ取るのが難しいようです。

本当は、感じ取れないだけで、誰もが常に、つながっているんですけどね。

意識的に左脳を休ませる(思考を止める)こと、内側に意識を集中させる

ことで、徐々に感じ取れるようになってくると思います。

ホントは、誰もがみ〜んな、不思議ちゃんなんですよ〜。(^○^)
posted by noa koa at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: