2018年08月24日

暑さとはさみは、使いよう♪

一昨日の室外温度計は、何と、48度まで上昇していました・・・。

毎年、夏になると気分アゲアゲになる私も、今年の酷暑には

さすがにバテバテの模様です。(+_+)

食欲ナッシングで体力急降下ですが、アジア大会での日本代表の

皆さんの活躍と、四冊目に突入した横溝正史一気読みのお蔭で、

ココロは元気!(^○^)

身体がバテて、気分が下がってきた時には、意識的に自分に

「大好きなもの」を与えてやるのも、一策ですね。(^_-)

クーラーの効いた部屋で極上ミステリー小説を一気読みできる、

この至福!

あまりの楽しさにふと我に返るたびに、我が人生にこのような

至福を与えてくれた全ての人の才に、感謝せずにはいられません。

受け取ってばかりで申し訳ないと思いつつ、(この世は、才ある

人々のきらめく才に、あふれているのだなぁ〜)と、本から目を離し、

クーラーの効いた部屋から酷暑の窓外を眺めては、感激もひとしお。


どうも体力が低下すると、感受性も子供の頃のような感じに

戻る気がしますねぇ〜。( 一一)

目に映る全てのことはメッセージで、やさしさに包まれている感じ。

暑さで、思考が働かないせいでしょうかね〜。(^^ゞ


思考が停止した時に、ひょいと表に顔を出てくるものと言えば、

潜在意識です。

と、いうことは、何も瞑想やヒプノセラピーをしなくても、

暑さで思考が働かなくなった時にも、潜在意識をちらっと

垣間見ることができると言えます。

以前、親戚のおばさんから、「暑い」と言って旦那さんが急に

ブチ切れたという話を聞いたことがありますが、その旦那さんは、

「暑い」からというよりも、暑さによって思考が停止した結果、

潜在意識の中にあった漠然とした「怒り」の感情が、思わず

表出してしまったのだろうと思われます。


そういえば、「暑さ」「寒さ」が限度を超えた時と、お酒に呑まれた

時って、同じような症状を呈する気が。( 一一)

少なくとも私の場合は、どちらの場合でも、地蔵のように静か〜に

なり、環境に溶け込んでいきます・・・。

やっぱり私の潜在意識の中には、ちーんと座して動かない、

路傍の石のような地蔵がいるんだなぁ・・・。(^_^.)


瞑想やヒプノセラピーは敷居が高いという方も、暑さ寒さが極限に

達して、思考が上手く働かない時の自分の意識状態を客観的に

観察することによって、自分の潜在意識の一端を垣間見ることが

できるかもしれません。

そこで表出してきた感情がツラいものだった場合は、その感情を

客観的に観て、受け止めて、そしてせっかく出てきたのだから、

今度は自分の中に押し込めずに、より大きなものの方へと、

流していただきたいな〜と思います。

イメージ的には、自分の中から出てきたそのツラい感情を水玉と

イメージし、それを大きな海に流す感じでいいんじゃないかな〜。

暑さ寒さが極まった時や、お酒に酔った時以外でも、ふと、あるいは

何かをきっかけに、ツラい感情が意識に上ってきた時には、

このイメージ作業で随時流していただくと、徐々に心身共に

ラクになっていくのではないかなと思います。


もちろん、日々ライトサイドな建設的思考を心がけ、ダークサイドな

思考や感情を、極力潜在意識に落とし込まないようにすることも、

非常に大事です。

流したそばから水玉が増えちゃー、排水作業がおっつきません

からね〜。(^_-)


さて、こうして「暑さ」も潜在意識の浄化に一役買ってくれると

いうことに気づいたところで、残る残暑を明るく乗り切って

まいりましょう♪(^^)


   CA3K16710001.jpg   
      バテバテですが、ハワイアンモーニング。

     CA3K16720001.jpg
       真夏の朝の、ランドマークタワー。

     CA3K16740001.jpg
          バーゲン戦利品。
posted by noa koa at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: