2019年01月24日

魂への奉仕者。

今年は1月から、母のハワイアンソングのコンサート、姉の華道展と、

家族の発表会が相次ぎました。

   CA3K18160001.jpg

   CA3K18170001.jpg
   プロの舞台監督さん演出の、本格的なステージ。

   CA3K18210001.jpg
      華道展の、姉の作品。

「頑張って〜」と送り出したり、出番をドキドキしながら待ったり、

写真を撮ったりムービーを撮ったり、撤収を手伝ったり、な〜んか、

「習い事を頑張る子供のいるお母さん」的な気持ちを

疑似体験した気がしました。(^^ゞ

幸せでいて欲しい大事な人たちが、楽しそうに自分自身を生きている

姿を見られるというのは、とても幸せな気持ちになるもんですね!


それにしてもこの母と姉、2人とも「聴いて聴いて〜♪」

「見て見て〜♪」タイプなトコロがそっくりです。

「ちょっと、放っておいてもらってもいいですか?」的な

私と弟とは、エライ違いです。

一方で、親戚から見ると、私と母が同じカテゴリー(関西系)で、

姉と弟が同じカテゴリー(関東系)に見えるのだそうです。

血というものは、複雑にブレンドされているものですね〜。(^_^.)


血を含めた肉体というものは、地上的な遺伝的資質に基づいた

ものであり、一方魂というのは、家系や血脈とは関係のない、

まさにその人本人の天上的なものであって、その2つが結びつく

ことで、人類歴史上二人と存在することのない、

唯一無二のオリジナルな人間が出来上がるのだそうです。

何でまた、そんな唯一無二の人間をこしらえるかなと考えてみると、

きっとそれぞれの魂が、それぞれの目的を遂行するのに最適な

遺伝的条件を持った肉体を、必要とするからなんでしょうね〜。


と、言うことは、今のこの私は、その外見資質傾向能力等々、

諸々コミコミ、魂に選ばれしピッタリンコな肉体なのだな!

この肉体でなければ経験できないことを経験するために、

この時代にこの世界へと、この肉体で生まれ出てきたのだな!

そう思うと、(自分大事にしよ〜)という気持ちが

芽生えてきました。(^^)

だって、魂が必要とする経験をするべく、けなげに奉仕している、

人類歴史上二人と居ない、唯一無二の存在ですもんね!


皆様の肉体ももちろんそう!

その肉体でしか経験できない独自の人生や思いを経験すべく、

魂に選ばれた唯一無二の存在です。

どうぞぜひ大いに祝福して、大事にしてくださいませね。(^_-)

そうして今後ともこの肉体という物質的存在に、膨大なご先祖から

受け継がれてきた内的外的資質を大いに発揮してもらい、

魂に最大の貢献をしてもらいましょう♪


さて、そんなこんなで、今週末より一週間ほど、

ハワイに行ってまいります。

若い頃に比べて、海外旅行欲もめっきりなくなってきており、

むしろ「日本にいたい!」という気持ちが強くなっているのですが、

行く時は行く流れになるもんだなぁ〜。

きっとこれも、魂が必要としている体験なのだろうな♪

諸々感謝しつつ、行ってまいります☆(^○^)
posted by noa koa at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: