2019年03月05日

親の有り難さ。

ひな祭りも無事終わり・・・。

我が家の床の間に半月ほど出ていたひな飾りも、

サッサと片付けられました。

   CA3K18540001.jpg

   CA3K18560001.jpg
       シャンパンロゼ&ちらし寿司。

   CA3K18590001.jpg
       ロゼワイン&生け花。

母曰く、ひな人形というものは、あれば毎年出さなければならず、

ひな祭りを過ぎたら速攻片付けなければならないそうです。

(めんどくさ。何で買うたんや〜)

と思ってしまいますが、ひな壇飾りには祖父や曾祖父の思いが

込められているので、出すとご先祖の愛情の系譜に触れるような

気がして、深い感謝の念が湧き起こります。

親の親、その親の親親親含め、親っていうのは、有り難いもんだなぁ〜。


今世の私の人生において、親というのは、精神的にかなり比重の高い

存在でした。(まだ1人残ってますけど)

愛着故の苦しみを、味わわせてくれる人たちでしたね〜。

(まだ1人いますけど)

ホロスコープによると、私は今世、男性性に偏り過ぎている魂の偏りを

女性性に揺り戻さねばならないそうなのですが、まさにそうした方向へと

導いてくれる存在でしたね。

特に父。

父との関係は、最初は男と男の覇権争いみたいな感じでしたが、

やがて「これでは問題の根本が解決しない」という考えに至り、

「癒し」へとスタンスが変わっていきました。


一方、母は女性性のお手本ですね〜。

こんなにも受容的な人、いる〜?って感じ。(@_@;)

あまりに受容的過ぎて、許しがたい理不尽とも戦うことがないので、

代わりに私の中の闘魂が爆裂することが多かったですけれど。(^^ゞ

両親共に、私の魂が前世から持ち越してきた男性性をまざまざと

再体験させ、「戦うのって、勝っても負けても、結局ヤな気分になるな」

「優しさベースの女性的なアプローチって、有効だし、イイ気分」

ということに、気づかせてくれました。

しんどかったっちゃー、しんどかったけど、

有り難いっちゃー、誠に有り難い存在。


そんな重くも有り難い親の存在ですが、自分のホロスコープを

リーディングしてみて、宇宙の采配を感じましたね〜。( 一一)

ちなみにこのような、物質次元の目的より大きな、霊的次元の魂の

目的を表すのは、ホロスコープではドラゴンヘッドという感受点です。

(物質次元における人生の目的は、太陽や土星が表す)

ドラゴンヘッドのサインは同い年共通なので、個人を見る時は、

サビアンシンボル(数えではなくそのままの度数で読む)と、

ハウスで読みます。

詳しくは、私よりはるかに詳しい方が様々なサイトで解説して

くださっているので、そちらをご参照いただくとして・・・。

もし「ナンでこう人生ツラいかな」とか、「な〜んか今までのこの

アプローチ、有効でないな」などと感じている方がおられましたら、

一度ご自身のドラゴンヘッドを調べてみてもいいかも〜☆と、思います。


ドラゴンヘッドの示唆するスタンスで生きると、高次元のサポートが得られ、

時空を超えた人との縁(ソウルグループ)とつながり、

人生がスムーズに展開したり、飛躍拡大したりするそうです。

私は母ほどの女性性を身につけるにはまだまだ程遠いけれど、

方向性だけは過たないよう、今後とも気をつけようと思います。(^^)
posted by noa koa at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: