2019年03月29日

名もなきスゴイ人たち。

開花しましたね〜、今年も、無事に、平和な日本を満喫できる幸せ。(^^)

まだちょっと満開とはいかない感じですけれど、

日々煽られているような気がして、つい行ってしまいます。

   CA3K18730001.jpg
            三溪園。

   CA3K18870001.jpg
          みなとみらい。

   CA3K18940001.jpg
          伊勢山皇大神宮。

伊勢山皇大神宮は、社殿がめっちゃキレイにリニューアル

されていました。

前の古式ゆかしげな社殿も好きだったけれど、

新しいのは新しいので、また立派。

来週には新元号が発表されるし、な〜んか(変わりゆくのだなぁ〜)

と、感じてしまいました。

私は牡牛座が強いので、あんまり変わるの、好きじゃないん

ですけどね〜。(^^ゞ

でもあんまり執着が強いと、死ぬ時ツラそうだから、

慣れておかないといけませんね〜。(^_^.)


執着と言えば、生まれて初めて「あ、これが執着ってヤツか」と

気づいたのは、初めての失恋の時でした。

気づいた途端に、驚くほど気が楽になりました。

生まれて初めてのよく分からない感情を、客観視した瞬間

だったのでしょうね。

そして、自分の思考回路も客観的に眺めてみると、

「あ〜、こっちに行くとツラい気持ちになるな」

「こっちの回路にすると、めっちゃ気が楽」などと、

自分の感情を意志でコントロールできるということにも

気がつきました。


もーそれからは使いまくりですね〜、この方法。

もちろん、その後さらにツラい思いをしたこともありましたけど、

「感情を客観視するとラク」「思考回路をコントロールすれば、

ツラい気持ちは続かない」ということが分かっているので、

ツラくてもどこか、達観気味。

まぁ、思考をコントロールできないほどの強烈なツラい目に

遭っていないというのもあると思いますが。( 一一)


以前海外のニュースで、夫と幼い息子を犯罪被害で亡くした女性が、

「神の采配なのだと思う」みたいなことを言っていて、

驚いたことがありました。

敬虔なキリスト教信者なのかな〜と思いましたが、事件直後に

そうしたコメントが出てくるってのが、達人レベルにスゴイ。(◎o◎)

世の中には、名もなきスゴイ人がいっぱいいるもんだな〜と、

衝撃を受けてしまいました。

「自分だったら?」と考えてみると、多分憤死。

己の未熟さ、小ささを思い知らされたのでした。


でも憤死する私と、達観するニュースの女性と、どちらが幸せかと

考えると、ニュースの女性ですよね。

感情を客観視する能力と、思考をコントロールする能力が最強だったら、

「幸せである力」も最強なのではと思いました。

私が常々「どーゆう心境なのか知りたい」と切望している、

命知らずの武士の皆さん方も、恐らくはそうした能力が

最高レベルだったのであろうなと思います。

「感情を客観視する力」と「思考をコントロールする力」、

その2つの能力が最高最強レベルだったら、一体どんな心境なのかっ。

今はまだ憤死レベルですが、少しずつでも鍛えていきたいなぁと

思います。(*^_^*)
posted by noa koa at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: