2019年04月18日

コントラスト体験。

どっからどー見ても春!(^○^)

朝の空気も甘く柔らかく、「なーんて幸せなのだっ!」と、

思ってしまいますね。(^.^)

春ってほんとサイコー。

冬があったから、なおさらサイコー。


そう書いてて今ふと思いましたが、コントラストって、

「サイコー感」を感じるのに、必要なことなのかも。

というのも、ホロスコープを勉強していて、「キロン」という

小惑星が出てくるんですね〜。

「キロン」というのは、前世から持ち越していきた魂の傷であり、

生涯をかけて癒していくべき霊的トラウマとされるものなのですが、

お勉強がてら、自分や姉弟のキロンを調べると、皆、「キロン」に

関わるような痛い経験を、今世の前半戦において、

体験してるんですよね〜。( 一一)

魂の傷が癒された喜びを十全に実感するためには、一度それが

失われた状態を経験することが必要である、とでも言わんばかりに。

「コントラストだなぁ〜」と、思ったわけです。


そう言えば、以前セルフヒプノでも、ハイヤーセルフに

同じようなことを言われたことがありました。

おなじみイケメンハイヤーセルフに、洞窟牢みたいなところに

閉じ込められてですね(もちろんイメージ映像の中でですよ)、

「何コレ。SMプレイ?」と思っていたら、しばらくして

出してもらえて、その後池で一緒にキャッキャ遊んでいると、

ハイヤーセルフが言いました。

「閉じ込められていたから、今自由なのが、より楽しいでしょう?」と。

コントラストですよね〜。(^_^.)


あんまりヒプノ体験のことを話すと、「変な人( 一一)」と白い目で

見られそうなのでアレですが、ホロスコープで調べた内容と、

ヒプノで体験した内容と、ほぼ合致しているのには、ホント驚く。

やはり、人の人生の大枠は、決まっているのだなぁと思い知らされます。

物理現象としてどう決まっているか、は具体的には知り得ないけれど、

「何をするため」「何を学ぶため」「何を癒すため」に、今世、

生まれてきたのかは、どうやら決まっているっぽい。

それから外れた人生は、生きられないっぽいです。

なーんか、そう思うと、腹くくっちゃいますね!


ツラい状況やツラい出来事も、後々「サイコー」って思うくらいの

快感を得るための、コントラスト用の体験なのかもしれません。

お釈迦様は「中庸がイイ」っておっしゃってましたけど、

凡人は両極端のコントラストを繰り返しながら、

少しずつ「中庸」に近づいていくのかもしれませんね。(^_-)
posted by noa koa at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: