2019年05月19日

「今」の美しさ。

5月は気持ちのいい季節ですが、気が緩む割には気温変動が激しく、

自律神経が乱れがちになるせいか、鼻炎がなかなか治りません。(T_T)

母もひどい風邪を引き、母の日は、本人がヘロヘロでした。(^_^.)

今週に入り、やっとちょっと治ってきたので、お祝いのランチに

行くことが出来ました。

   CA3K19750001.jpg
     これからも健康であってください〜。

   CA3K19740001.jpg
    ついでに5月生まれの私のお祝いも。(*^_^*)

   CA3K19830001.jpg
     山下公園はバラが満開で、圧巻でした。

   CA3K19900001.jpg
      氷川丸と、バラのアーチ。

当日、横浜はトライアスロン大会で、迫力あるレースを間近で

観ることができました。

   CA3K19790001.jpg
   スイム後のバイク。めっちゃ速い。めっちゃカッコいい。

   CA3K19940001.jpg
   バイク後のラン。何体ものギリシャ彫刻が走ってる感じ…。

大声で思いっきり応援して、母は「風邪が吹っ飛んだ」とのこと。

トップアスリートのパワーを感じました。

みなぎる生命力って、美しいなぁ〜。(*^_^*)


私は健康体ですが、いかんせん体力がありません。

す〜ぐ疲れる。(;一_一)

高齢になり、体力の衰えが目に見えるようになってきた母の姿に、

自分の未来を見る気がします。

父が年々衰えていくのを目にしていた時には、そうは感じなかったので、

やはり子は同性の親に自分の未来を重ねるものなのかなと思いました。

母が私の歳の頃には、私の何倍もの体力があったので、

私はもっと早くに衰えが来そう・・・。(;一_一)

人生って儚いわ〜。


でも儚いからこそ、「今」が美しいのかもしれません。

先を憂うのはやめて、「今」の美しさを日々味わい尽くすことを

心がけようと思います。

人生は「今」の連続であるからして、「今」が美しければ、

最後に振り返った人生が美しそうですもんね。(^_-)


そしてまた、「今」の美しさというのは、現実の状況や環境にはよらず、

心の状態によるもの。

いつでもどんな状況でも、瞬間瞬間の「美」を感じられるような精神を

保ちたいなと思います。

V.E.フランクル博士の「夜と霧」という本の中で、

アウシュビッツ強制収容所にいる時に、あまりに夕日が綺麗なので、

収容所の皆を呼び集めて、皆で夕日を眺めて感動した、という

エピソードがありました。

きっと、収容所の皆さんが眺めていたのは、ただの夕日では

なかったのではないかなと思います。

その日の夕日に、皆、神様を感じていたのではないでしょうか・・・。


そうした、「目には見えない美」。

感じられるか、感じられないかは、その人間の感度次第なんだろうなぁと

思います。

どんな状況でも、「美」を感受できるアンテナを錆びつかせず、

感度をクリアに保つことが大事かなと思います。

私的には、やはり無心になると、感度が上がる気がするなぁ〜。(^.^)
posted by noa koa at 16:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: