2018年06月14日

がんばれ大和魂。

いよいよ始まりますね、W杯!!

4年毎とは言いながら、夏季五輪も4年毎、冬季五輪も4年毎なので、

「人生、スポーツイベント目白押し〜!」って感じもしますが。(^_^.)

世界中で頑張っている人達がいてくれるお蔭で、頑張っていない

私のような人間の日常が高揚したものになることに、感謝の念を

禁じ得ません。

今世はこういう巡り合わせですが、頑張らなきゃならないような

巡り合わせの時は、きっと私も頑張るので、今世は楽しませて

いただく側を満喫したいと思います。(*^_^*)


さて巡り合わせと言えば、人生は全て巡り合わせの産物ですよね。

持って生まれた遺伝による資質や性質も、巡り合わせっちゃー、

巡り合わせだし、その資質や性質で対応することになる生後環境も、

自分ではどうにもできない巡り合わせ。

そうなると、自分に与えられたその巡り合わせこそが、

神様からのメッセージなのでは、と思ってしまいます。

その巡り合わせから、どんなメッセージを読み取るかは、

その人その人の、読解力次第でありますけれども。


トップアスリートは、人生における様々な試練を、「自己鍛錬」という

メッセージとして、読み取っているのだろうなぁと思います。

物事をどう受け取るかも、生まれつきの性質と、生まれ落ちた

生育環境によってほぼ決まってしまうわけですから、

これもある意味、巡り合わせです。

そう考えると、犯罪者なんかも、巡り合わせで出来上がるわけ

だから、罰することは必要だけれども、責めることはできない

のかなぁ、なんて思います。

聖書の「汝、裁くなかれ」って、そーゆーことなのかもしれません。


日本人の集合意識の基盤であると思われる古神道では、そもそも

「罪」という概念はなく、誰かが何かしらやらかした場合、それを

「未熟な魂が間違いを経験した」ということで、「科(とが)」と呼ぶ

のだそうです。

善良な市民も犯罪者も、健常者も障碍者も、ストレートもLGBTも、

あらゆる人間を全て「霊性向上の途上にある魂」として見て、

「がんばりや〜」って、言ってる感じ。


古神道って、優しいですよね。

自分が犯罪者になっても、犯罪被害者になっても、

慰められるな〜って、思いました。

犯罪までいかなくても、自分が何かしらやらかして、落ち込んだり

しているような時にも、癒されますよね、この、古神道の考え方。


もちろん、古神道においてもやらかしっぱなしはダメで、

「鎮魂」して、「反省」しなければいけないとされています。

「鎮魂」って「死者を悼むこと」かと思ったら、全く違って、静かに

鎮座して、四方八方に散らばった「気」を、自分の中心に

集め戻してやることなのだそうです。

「それなら私、いつもやってるわ〜。てか、それやらないと、

死にそうになるし〜」って、思いました。

死にそうになるからやらざるを得ないって感じで、昔から自然に

やっていたことが、古神道の行法だったことに驚き。(◎o◎)

やっぱり自分、日本人なんだな〜って、実感しました。(^^)


さてさて、今回のW杯、我らが日本代表は、どこまで行って

くれるかな?

熱き大和魂たちの活躍を期待して、全力応援です!!\(^o^)/
posted by noa koa at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

メタボに関する考察。

家族にメタボがいるので、このところ肥満問題について

深く考えるようになりました。

生まれ持った自然な体型というのが一番美しいと思うので、

健康であれば多少ぽっちゃりでも、無理に痩せる必要はないと

思いますが、健康を害する恐れのあるメタボになるようでは

困ります。

でもメタボの人に「ヤバいから痩せるように」と言ったところで、

どうやらムリな模様で。( 一一)

肥満問題を解消するには、ココロの問題に向き合わなくては

ならないと思うようになりました。


摂食行動とココロには、とっても緊密な相関関係があると思います。

自分の若い頃を思い返しても、心の苦しさMAXの時期に、

強烈な飢餓感から、異常な摂食行動をしていたように思います。

大人になるにつれて、自分の感情を客観的に眺めることが

できるようになり、より大きな観点から、冷徹に建設的な行動を

とれるようになった頃から、あの妙な、腹の底が焼けるような

飢餓感と、それに伴う自暴自棄的な摂食衝動に見舞われる

ことはなくなりました。


あの頃の自分の体験から分析するに、異常な摂食行動とは、

自分の心の中のどうにもできない不快な感情を埋め合わせる

ための、傷ついたココロを慰めるための、ある種の補償行為

なのではないかなぁと考えます。

てことは、摂食以外の他の行動で、ココロを慰め、癒し、満たす

ことができれば、過剰な摂食行動もなくなり、すんなり痩せて

いくのではないかと。


実際、ずーっと太ってたのに、恋人が出来た途端、

みるみるうちに10s以上痩せた友達とかいるし。

愛されることで、ココロが癒されちゃったんですね〜。(*^_^*)

てことで、心の中の「快」の感情が、「不快」の感情を

大きく上回るようになれば、人は本来の、健康的な身体に

なるのではないかと考えるわけです。


しかし本人が自覚できないほどに、潜在意識の奥深くに

押し込められた「不快な感情」は、それが問題行動を

引き起こしていたとしても、自覚がないだけに、それが

原因だとは、本人が露ほどにも思わないんですよね〜。

ソコが難しいトコロ。( 一一)


刹那的で上っ面な「快」でココロの表面を塗り固めるのではなく、

潜在意識の奥底からひっくるめて、自分の意識を内側から、

本物の「快」で満たしていくこと――。

ウチのメタボさんたちにも、ソコのトコロをどう自覚し

向き合ってもらうか、思案の毎日です。(^_^.)
posted by noa koa at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

占いの効用。

な〜んとなく蒸し蒸しとするようになってきました。

梅雨が近いなぁ〜。季節どんどん行くなぁ〜。( 一一)

ロン毛暑いので、もうかれこれ20年ぐらいお世話になっている

ヘアサロンへ、髪を切りに行ってきました。

担当の美容師さんの腕前がとぉっても良くって(何カ月経っても

ヘアスタイルが崩れない)、お人柄も癒し系で素敵なので、

独立してオープンされたサロンにくっついてきて、引き続き

お願いしています。

(ちなみに、サロンは表参道のラディーチェさん。)


政治家や経営者の方にはお気に入りの占い師がいるっていうのは

よく聞く話ですが、美容師さんも、社長になられてからはそういった

情報が耳に入るようになり、占いに行く機会が増えたそうで、

スピリチュアル好きの私に、いくつか面白そうなところを教えて

くださいました。

経営者の方々が集う占い処って感じなので、私のような者が

低レベルな質問をしに行く所ではなさそうではあるのですが。(^_^.)


感想を聞いてみたら、美容師さんは「行って良かった。モヤモヤ

してたのが、スッキリした」とのことで、「占いスゴー!」と、改めて

感じました。

重責を担っている経営者の方の心を、そんなにたやすく、

スッキリさせてしまうなんて。(◎o◎)


占いの持つその力って、何なのかな?と考えてみると、

それはやっぱり、「受容」と「希望」なんだろうな、と思いました。

人は、過去、現在、未来を通して人生を「受容」でき、先行きに

「希望」を見いだせると、気分がスッキリするということですね。(^_-)

私も若い頃から占い大好きで、これまで海外のを含めたくさん

行きましたけれど、占いに行って後、何をどーしたかと言えば、

何をどーしたわけでもなく、ただその後は疑問を持たずに

(モンモンとせずに)、人生を成り行きに任せることができた・・・って

感じですもん。


いい現状にせよ悪い現状にせよ、どっちにしろ全ては自然に

刻々と変わりゆくし、そもそも何が良くて何が悪いかなんて、

ちっぽけな人間には分かりっこないし、過去も現状も何だかんだ、

なるべくしてなったのだし、今後もどちらにせよ、なるようにしか

ならんよ!だからリラックス♪(^^)――って、思わせてくれるのが、

占いなのかもしれません。

平たく言っちゃえば、「どなた様も、与えられたあなた様固有の

人生を、楽しんでくださ〜い♪」って、感じなのかな。(^.^)


これって、禅とかの東洋哲学思想全般でも、同じようなこと

言ってますね。

モンモンやモヤモヤ、イライラやクヨクヨも、「我が生命の輝き☆」

として楽しめるようになったら、それはもう、達人の域なのかも

しれません。

達人であれ、凡人であれ、人生何事もなるようにしかならんので

あれば、モンモンとせずにスコーンと、今現在与えられている

人生を「我が生命の輝き体験」として、できるだけ楽しんだ方が、

何だかんだ言っておトク♪っていう感じですかね☆(^^)


   CA3K15980001.jpg   
   「ヌード展」開催中の横浜美術館。
   美術品に審美眼のない私は、母姉と別れて本屋をはしご。
   テンションア―――ップ!(^○^)

   CA3K15990001.jpg
   美術館隣接のフレンチでランチ♪

   CA3K16020001.jpg
   別の日。肉好きの母のために、自由が丘の新店「ミートシアター」へ。
   お肉屋さん直営だそうで、お肉めっちゃ柔らかくって美味しかった♪

   CA3K16040001.jpg
   リンツカフェ。 本格ショコラが濃厚で絶品でしたが、
   血糖値が爆上がりした結果、また具合が悪くなる。(-_-;)
  
以上、今現在与えられている、我が生命体験でした。
(モンモンとするなぁ・・・。(;一_一))
posted by noa koa at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

マリーに感謝。

     CA3K15950001.jpg
       THE・五月なお花、菖蒲。

5月は母の日と自分のお誕生日があるので、ケーキを食べる機会が

多いです。

グルメ姉のお陰様で、ハイレベルな洋菓子を堪能できました。

   CA3K15910001.jpg
   モンブラン好きな母のために、バラの形のモンブラン。

   CA3K15930001.jpg
   苦み走った大人味好きな私のために、お取り寄せザッハトルテ。

しかし最近は、血糖値が急に爆上がりすると、具合が悪くなるように

なり・・・。(+_+)

鼻血出そうになります。

トシですかね。(-_-;)


さて5月ド真ん中生まれの私は、ガッツリ牡牛座なのですが、

今年はその5月ド真ん中辺りから、革新の星・天王星が牡牛座に

入ってくるそうで、そのせいで今後7年間ぐらい、牡牛座の司る

分野において、革新的な変化が起こるのだそうです。


牡牛座の司る分野って、ぶっちゃけ「お金」とか「物質」です。

「五感」「価値観」「遺伝」「伝統」「現状維持」「安心、安全」なんかも、

牡牛座領域のファクター。

一体、何が起こるんでしょうね〜。

仮想通貨かな?VRかな?AIかな?

楽しみですね〜。(^.^)


天王星って、「革命、革新、変化、自主独立」などを表す星ですけど、

ナチュラルサインが水瓶座で、「合理性、自主独立、博愛主義、

人道主義」みたいな意味もあるんですよね。

だから、もし何かしら激変したとしても、ゆくゆくは人々にとって、

悪いようにはならないんじゃないかな、と思っています。

フランス革命みたいな感じかな?

今ベルサイユにみ〜んなが入れてキャッキャ楽しめるのは、

元はと言えば、あのフランス革命のお蔭ですもんね。(^_-)

さすがに現代なので、あんなに血なまぐさいことにはならないと

思いますけど。



「パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃない」と言って、

民衆をブチ切れさせたマリー・アントワネットですが、

今は民衆が普通に、鼻血が出そうなほどにお菓子をバクバク

食べられるという現実。

これは、かつてマリー・アントワネットが発した、あの言霊の

お蔭かもしれないですね〜。

あるいは、マリーは予言者なのか?!

少なくとも、その言葉を発した時のマリーの脳裏には、民衆が

お菓子をパクパク食べているシーンが浮かんでいたはず。

時を超えて、実現されました。

ありがとう、マリー。(^.^)


マリーが歴史の大きな流れの中にいたように、自分も歴史の流れの

中にいるんだな〜と思うと、何かちょっと、ワクワクしますね。

人類の未来のためにも、常日頃より、希望に満ちた言霊とビジョンを

心がけようと、改めて思いました。(^^)
posted by noa koa at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

ヨガの行く末。

寒暖差スゴイ・・・。(+_+)

元々自律神経弱い系には、ちとキツイものがあります。(-_-;)

お年寄りやご病気の方は、もっとキツイんだろうなー。

気候の神様には、もうちょっと優しく、穏やかであって欲しい

もんですね。( 一一)


さて自律神経を整えるのに有効なヨガですが、これすっかり、

母のお気に入りになったようで。

ウン万円はたいて買ったウォーキングマシンは放置なのに、

ヨガだけは、母の方から「やろー」と言ってきます。

気持ちいいんでしょうかね。(^^)

これまで、自分の身体にじっくりと意識を向けたことなんて

一度もない人生でしたでしょうから、新鮮なのかもしれません。


ヨガの本質は、身体に注目することから始まって、やがて普段

意識できない無意識レベルのものまで感知できるようになることに

あるのですが、母の場合、人生全てほぼ無意識って感じだから、

このままヨガを続けて行った場合、どうなるんだろ??

もしかして、アヒルが白鳥になってしまうんちゃうかしら??


元々母は、天国の門をスラ〜ッと抜けて行きそうな幼子キャラなのに、

ピンチに際してはこちらが舌を巻くほどに本能的直感がズバ抜けた

ところがあり、「この人、右脳力ハンパないな〜、普段左脳使ってない

だけに」と、常々思っておりました。( 一一)

もしかしたら、ピンチに際さなくても、普段から直感ズバズバ人間に

なっちゃうかも?

これは、いい研究材料にめぐり合えたかもしれません。(笑)


母だけでなく、本当は誰もが無意識の産物で、自分が意識していると

感じている自分自身でさえ、無意識の一部なのだそうです。

最近の研究結果によると、「腕を上げよう」という意思を意識で

感じ取る以前に、脳の中では「腕を上げる」っていう信号がすでに

発せられているっていうんだから、もーじゃー、この「自分」を

動かし生かしているのは一体誰なんだー!って感じですよね。

つまるところそれが無意識であり、じゃーその無意識ってナニ?って

ことになり、理解するには観察するしかないよね、っていうことになって、

じゃーまずは普段意識していない身体や呼吸に意識を向けることから

始めよかー、それをヨガって呼ぼかー、ってことになったんだと

思われます、その昔、インドにて。


ところで、インドに対抗するわけじゃありませんけど、日本神話の

イザナギの命とイザナミの命のお話も、何となく、意識の世界の

話を神話にした感じがしますね〜。

理性脳と言われている大脳新皮質がイザナギで、爬虫類脳と

言われている大脳旧皮質がイザナミなんじゃない?みたいな。

つまり現意識がイザナギで、無意識がイザナミ。


無意識というのはとても深くて、生命が進化の過程で経験した、

残忍非道、弱肉強食の爬虫類時代の経験も記憶されており、

だから無意識の深〜い所にいたイザナミは、久しぶりに会いに来た

イザナギに「醜い」って驚かれて、スタコラサッサと逃げられて

しまいます。

でも元をただせば、イザナギもイザナミも、天御中主神から

分かれ分かれた分身で、両方とも、神様なわけで。


イザナミから逃げて来たイザナギは、追いかけてきたスゴイ形相の

イザナミを、「言戸の渡」で隔てることで、ようやく遠ざけることが

できるのですが、それって理性脳を発達させ、言葉を操って明確に

思考、判断できるようになった人間が、ようやくそのゾッとするような、

無意識のよろしくない影響から逃れることができた、ってことなんじゃ

ないかと。


無意識って、素敵なものも醜いものも、ゴッチャになって

放り込まれている生命体共有の記憶庫、って感じですもんね。

今風に言うと、エネルギーフィールドのことなんだろうと思います。

どのエネルギー波動にチューニングするかによって、感知したり、

影響を受けたりするものが違ってくるって感じ。

「どのエネルギー波動にチューニングするか」自体、もしかしたら

無意識に操作されているのかも知れませんが・・・。


確か、イザナギイザナミのこのお二人は、歳を取り、お互いお爺さん

お婆さんになってから、また仲良く一緒になりました、っていう結末

だったように記憶しています。

これって、人類進化の未来を予言しているのかも?!

聖書の「放蕩息子」の話も、何となく、似ていますよね。

下界で泥水飲みまくってズタボロになった放蕩息子が、最終的には、

再び神の国に温かく迎え入れられる、って辺りが。

つまり人間は、理性脳を発達させ続けていった結果、いつか

無意識のよろしくない影響から完全に脱却できる日が来るって

ことなのかもしれません。

――ってこーゆー、どーでもいいよな浮世離れしたことを

考え始めると、ワクワクして止まらなくなるのも、無意識の

なせる業なんでしょうか…。(^^ゞ


さて、明日は母の日!

母のことを、なぜか我が子のように慈しむのをやめられないのも、

きっと無意識の信号のせいなのでしょう♪(^_^.)

今日は母の日イブってことで、母が大好きなボンゴレで感謝祭☆(^^)

   CA3K15900001.jpg
posted by noa koa at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

またもややらかす模様。

気づけばGW・・・。

いつもなら庭のお花を眺めながらガーデンランチでもしている

季節ですが、今年は暑い!

蚊がブンブン飛んでるし。(;一_一)

てことで、今年は部屋の中から庭を眺めながら、ランチ&お茶。

   CA3K15860001.jpg
         この日のシェフは姉でした。(^^)


あっという間に過ぎ去ったここ数カ月は、ホロスコープについて

色々調べ、そこから「魂のブループリント」を読み解いていく、

という遊びに夢中になっていました。

調べれば調べるほど、色々なことがホロスコープによって分かる

ということを知り、もんのすごく、面白かったです。(*^_^*)


ホロスコープ占いで、いわゆる「太陽」とか「月」とか「土星」とかって

言っているものは、個人の持つ「意識エネルギー」のことなんですね〜。

発明王の政木先生が、「人間は、生きていく過程で、順次いくつもの

生命体を身にまとっていく」とおっしゃっていましたが、

先生のおっしゃる「生命体」って、ホロスコープでいう「天体」のこと

なのかな〜って、思いました。


ホロスコープでは、それぞれの天体は、本人が生まれながらに

持っているものであるけれども、それぞれが順次、それぞれに

対応する年齢に達すると発達し始め、活性化する、とありました。

生まれてから7歳までは、心の安定や感情を司る「月」が発達し、

8歳から15歳までは知性を司る「水星」が発達し、16歳から25歳

までは感受性や対人関係を司る「金星」が発達し・・・てな感じです。

(これを「天体の発達年齢域」と言います。)


一度発達し、活性化された天体は、その後生涯を通して、

その固有の意識エネルギーを発し続けるのだそうです。

そのようにして、その人の「固有の人格」が、くっきりハッキリ、

出来上がっていくわけですね〜。

ホロスコープって、占いのようだけれど、「発達心理学じゃん!」って、

思いました。(発達心理学の勉強をしたことはありませんが。(^^ゞ)


天体がホロスコープに位置する度数から、だいたい何歳に

どんなタイプの出来事があるか、も分かるのには、驚きました。

しかもそれが結構、当たってる気がする・・・。( 一一)


私は土星が牡牛座2度の位置にあり、これは「神経的な衝撃」により

「運命を受け入れる」度数だそうで、土星がソコってことは、ソレが

私の人生の試練であり、重責ってことになるのですが、

その「土星牡牛座2度」的な出来事が起こるとされているのが、

0歳と26歳と57歳。

0歳って言ったら、引きつけ起こして一度あの世に還った歳だし、

26歳って言ったら、天啓受けて、衝動的に会社を辞めた歳。

私的には「やらかした」感のある出来事があった歳です。


それが何と、50代でもう一度やってくるという衝撃。(>_<)

年齢的に、オッソロシイものがあります。(-_-;)

今度は一体何をやらかすのか、少々ワクワクもしますが。(^^ゞ

「決まってるなら仕方ない、もーどーにでもなれ」って、感じです。(笑)


行く先に激しい落雷が待ち構えていそうな気配ではありますが、

今現在は木星の発達年齢域であり、私の木星のサビアンシンボルは

「お茶をする高貴な貴婦人たち」。

めっちゃええやん!(*^_^*)

かくして、今日も優雅にお茶をするのでありました。(笑)

   CA3K15870001.jpg
    久しぶりに、フォンダンショコラ作りました。(^^)
posted by noa koa at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

最近の二大ニュース。

毎日の晩のニュースが、ほぼほぼ天候や祭りやイベントなどに

関するものであるのを見て、「日本って、平和だな〜」としみじみ

感じる、今日この頃。

「今日も祭りのニュースかよ!」ってツッコめるのは、実はとても

幸せなことなんですよね。(^_-)

有り難いなぁと思います。(^.^)


ニュースと言えば、このところ、親戚の人生ニュースに

ビックリさせられることが相次ぎました。

1つは、そろそろ傘寿にもなろうかという親戚のおじが、現在

相思相愛の恋愛中であるというニュース。(◎o◎)

15年ほど前に、二人三脚で生きてきた奥さんに突然先立たれ、

色々とツラい思いもしながらも、以降一人で一途に仕事を続け、

真面目に淡々と生きてきたおじですが、人生の最終盤に、

そんなバラ色の日々が待っていたとは!

東京のはずれで、長年毎日一人で暮らしているおじの心の内を

思うたび、「人生に味、あるかな。色、あるかな」と気になって

いたので、このニュースを聞いた時には、こちらの心にまで

パッと花が咲いたかのように、何だかめっちゃ、嬉しかったです。(*^_^*)

加えて、「人生、いくつになっても、何があるか分からないな〜」と、

しみじみ思いました。


さらに先日は、ハワイのオアフ島在住の親戚の女の子が、

TVに出ているのを発見!

何と、ケタ外れの大富豪と結婚していたのを知って、

ビックリ仰天!!\(◎o◎)/

いや、ハワイのお金持ちと結婚しました、とは聞いていたけれど、

お相手の「お金持ち」が、そんな異次元の億万長者だったとは!

数年前にハワイで会った時には、フツーにアラモアナSCの

MIUMIUで、バイトしていたのに。

「リアル花男じゃん!」と、のけぞりました。


彼女は、我が親戚とは思えないほどに生い立ちがハードモードで、

なのに「聖人ですか?」ってくらいに、めっちゃいい子。

なのでかねてより「絶対幸せになって欲しい」と思っていたので、

このニュースを知った時にも、こっちの心が沸き立つかのように、

嬉しさが込み上げてきました。

そして、彼女の人生のツラかった序盤戦を思うにつけ、

「人生、何があるか分からんもんだな〜」と、しみじみ思いました。


この親戚2人に共通しているのは、そのバラ色のビックニュースが

降ってくる前に、結構長いこと、人生のツラさに耐えてきた、って

ことでしょうか・・・。(;_:)

しかも、クサらずに、気高く、心をダークサイドに堕とすことなく、

淡々と、耐えてきた。

もー、神様の采配には、「さっすが〜」って言葉しか、ありません。(^.^)


ところで、「自然」というものには、常に均衡を保とうとする働きが

あるそうです。

「ホメオスタシス」って、よく聞きますよね。

日本語では、「恒常性」。

人体において、偏ったバランスを元に戻して均衡を保とうとする、

自然治癒力のことです。

最近は風がビュービューとうるさい日が多いですけれど、これも

気圧の差が大きすぎる際に、そのバランスを元に戻そうとする、

大気の自然の働きなのだそうです。

大いなる自然法則には、常に偏り過ぎたバランスを元に戻して、

適正なバランスを保とうとする働きがある、ってことですね。


我々の人生にも、もしかしたらこの厳正なる自然法則が、

目には見えないところで、働いているのかもしれません。

神様って、つまりは目に見えない自然法則とか、

宇宙法則のことだと思うし。

人生におけるホメオスタシスが、いつ、どんな風に働くのかは

神のみぞ知るだけれど、バランスが大きく偏った場合には、

きっと必ず、バランスを取る時が来るのだろうなと思いました。


親戚2人から分析するに、人生のホメオスタシス発動のコツは、

「クサらない、ダークサイドに堕ちない、淡々と受け容れる」って

ところにあるような気がします。

クサッたり、ダークサイドに堕ちたり、ジタバタと抵抗したりすると、

きっとそのこと自体が自然法則に逆らうことになるので、

「ツラい経験」というバランスの偏りが、帳消しになってしまうのだと

思われます。

そう考えると、一見理不尽なツラい経験がやってきた時に、

クサッたり、ダークサイドに堕ちたり、ジタバタと抵抗したり

するのって、来たるバラ色のホメオスタシスを帳消しにする、

実にもったいない行為だ、ってことになりますよね。


私自身の人生はこれまでのところ、昨今の日本のニュースみたいに

「平和だな〜」って感じですが、もし今後「ツラい経験」がやってきた

時には、内心「バラ色の種、キタ――!」と思って、

(できれば)淡々と受け容れよう、と思いました。(^.^)

親戚2人の人生が、今後とも安定してバラ色でありますことを、

心から祈ります!!(^○^)


   CA3K15820001.jpg
   私の最近のニュースは、赤レンガ倉庫で開催された、
   「宇都宮餃子祭り」。
   全10種類ほど食べ比べ、グランプリは「とんきっき」さん。(^^)

   CA3K15790001.jpg
        奥の広場には「フラワーガーデン」。
   
   CA3K15850001.jpg   
   満腹で帰る道すがら、ナビオスから見たみなとみらい。
   額に入った絵みたいでした。
posted by noa koa at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

庭園。

ウチの庭の藤が満開です。

   CA3K15650001.jpg

いつもならGW辺りに咲くのに、今年は半月ほど早いですねぇ・・・。

ならば三溪園の藤も見頃かな?と思って行ってみたら、

こちらはまだちょっと、早かったみたいです。(^^ゞ

   CA3K15670001.jpg

春の三溪園はとてものどか。 緑が爽やかで、心洗われました。

   CA3K15690001.jpg

   CA3K15720001.jpg
            つつじは満開。

   CA3K15730001.jpg
            筍ニョキニョキ。

先日はお友達のピアニストのまりちゃんと、みなとみらいでランチして

きました。🍴(まりちゃんのブログはこちら

まりちゃんは「生きているのが楽しくって仕方ない!」っていうような、

イキイキキラキラオーラ全開の、会うととってもワクワクする人。(^.^)

緊急時以外は大体いつもテンション低め安定の私にとっては、

太陽のようにまぶしい存在です。☀

でも驚いたことに、そんなまりちゃんからしてみると、私といると

「空も飛べそうな気分になる」のだそうです。

まー実際、る〜らら🎶宇宙の風に乗って、大空へ飛んで行っちゃいそう

なタイプではあるのですが。(笑)

お互いに、互いに対してワクワク感を感じているのを知って、

面白いな〜と思いました。

これが同調現象ってヤツなのかな。(^^)


色んな人から、自分の中の色んな感情が引き出されるのって、

改めて冷静に観察してみると、面白いですよね。

「怒り」っていう感情一つとっても、「相手に対して怒った」と

いうよりも、相手から発せられる何かに自分の中の何かが反応して、

「怒り」という感情が引き出された、というのが、より正確な

現象説明なのだと思われます。

つまり原因は自分の中の何かにあるのであって、相手の言動は

それを表出させたきっかけに過ぎない、と。


自分の中に何があるのかをはっきりと把握できなければ、

「いるもの、いらないもの」を仕分けて自分の中を整理することも

できないわけであって、そう考えると、良い感情であれ、嫌な感情で

あれ、人生で出会い、感情に触れる人たちは皆、心のお掃除の

お助けマンであり、心をより美しくコーディネートしてくれる

アドバイザーなんだなぁと思います。


「聖人の心はキレイに刈り込まれた庭園であり、凡人の心は、

雑草の生い茂った原っぱ」っていうのを何かで読んだことがあります。

庭園にも雑草は随時生えてきちゃいますけれども、マメに刈って、常に

整然とした美しさを保っているかどうか、ってことなんでしょうな〜。


庭園で思い出しましたけれど、西洋占星術に「サビアンシンボル」って

いうのがあって、これがまた面白い。(^^)

ホロスコープ360度の、1度1度に固有のエネルギーがあって、それを

シンボル化して表現したものなのですが、これがまた何とも、

ミステリー好きには、結構たまらない面白さ。(*^_^*)


で、私の人生の目的を表す太陽のサビアンシンボルが「手入れの

行き届いた広い公共の公園」ってヤツで、なかなか解釈が難しいな〜と

思っていましたが、今ブログ書いてて、「そういうことか!」って、

分かった気がしました。

「いつでもキレイに刈り込んどけよ〜」って、ことですね!(^^)

聖人とかはムリですけれど、マーク・ザッカーバーグと同じシンボル

だそうで、その情報にはホクホクです。(^.^)

まだまだ狭くきちゃない庭ですが・・・刈り込んどきます!!(笑)
posted by noa koa at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

春が来た!

お花見、あっという間に終了・・・。( 一一)

開花から満開、満開から散るまでが速すぎて、

今年は駆け足での花見になった印象でした。

   image1 (3).jpeg
   目黒川沿いで、お花見ディナー。
   お料理もめちゃくちゃ、美味しかったです。(*^_^*)

   image1.jpeg
   夜桜。風が吹くと花びらが舞っていました。

   IMG_7831.jpg
   弟が見つけてきたお花見スポット、海軍道路。
   満開で、圧巻でした。

   image1 (4).jpeg
        恒例のみなとみらい。

例年だと開花宣言から徐々に春気分を盛り上げていくのですが、

今年は見事においてかれ、ラスト何とか追いついた感じでした。(^^ゞ

しかしお陰様で、すっかり冬気分は抜けましたね!

春が来た〜!!\(^o^)/


さて昨日は中高時代の親友たちとの恒例のお食事会でしたが、

転勤族だったメンバーの一人が、この春から8年ぶりに東京に

ご帰還ということで、久しぶりに合流。

中学からの仲良し5人全員集合は、本当に久しぶりで、

何だかとっても、心に春を感じました。(^.^)

あったかいって、いいなぁ〜。(*^_^*)


今年の寒い寒い冬があったからこそ、春の暖かさがこんなにも

有り難く感じるのかもしれませんね。

とは言え、来年はもうちょっと、暖冬であって欲しいですけど。(;一_一)

だって、弱者に厳しい世界って、イヤですよね!

皆で暖冬イメージを心に保持し続けたら、ちょっと、日本の気象も

変わったりするんじゃないかとか、密かに思っていたりもします。


確か、瞑想実験で、ある一定数の人々が、ある都市の平和をイメージして

瞑想したら、瞑想している期間中は、その都市の犯罪率が激減した、

という記述を読んだことがあります。

「瞑想している期間中は」っていうのが、社会実験的には、ちょっと

ザンネンですけれど。(;一_一)

瞑想が深くなると、個人の意識は集合意識と接することができるよう

なので、その実験においては、ある一定数の瞑想の達人たちが

個人的にイメージしたものが、その都市に暮らす人々の集合意識に

流入して、そこから不特定多数の個々人の意識に、微妙な影響を

与えたのかな、と思いました。

チベットだかインドだかの山奥には、一人で人知れずそういうことを

してくれている、瞑想の超絶達人が何人かおられるみたいですしねー。

我々は、そういった公には顔を見せない偉い方々に、知らず知らずの

うちにお世話になっているのかもしれないと思うと、ホント感謝です。

そういった方々の負担を軽くするためにも、自分の意識に、

寒々しいものとか、ドス黒いものとか、トゲトゲしいものとか、

できるだけ持ちこまないようにしたいなと思います。(^^)


――しかし改めてそういったことを考えると、自分の意識に上がってきた

ヤなものとかって、本当に自分自身のものなのか、集合意識に漂ってた

ものが上がってきちゃっただけなのか、分からなくなりますよね〜。

通常、顕在意識と潜在意識の間にはバリアがあって、

そうそうツーツーではないようなのですが、

たま〜に自我が弱っていて、たまたまネガティブモードだったり

すると、集合意識の中を漂うよからぬものが上がってきて、

人によっては、危険みたいです。(>_<)

同調現象が、働いちゃうんですよね。


私自身、3.11の直後ぐらいに、一人で部屋でボーッとしていた時に、

確実に自分の感情とは思えない、とてつもなく大きな恐怖と不安が、

急に心の奥から上がってきたことがあって、「何じゃこりゃ!」と、

ビックリしたことがありました。

多分、めっちゃボーッとしていたので、一時的に自我が弱っていた

のだと思われます。

で、地震後に大量の恐怖心と不安感が投げ込まれていた、当時の

日本人の集合意識に触れてしまったのだと思われ・・・。( 一一)

自我は弱っていたものの、ネガティブモードではなかったため、

取り込まれずにすみましたが。

こんなこともあるんだー(@_@;)って、思いました。

ですので皆様、ボーッとする時には常にポジティブモードか、

少なくとも平穏モードであられますよう、お願いいたします。


逆に、ポジティブモードでボーッとするのは、とってもいいかも!

同調現象で、幸せが何倍にもなる可能性ありかも☆(^^)
posted by noa koa at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする