2017年05月15日

潜在意識が納得するまで。

昨日は、母の日でしたね。

3年前に、父が突然事故で亡くなってから、母親が今日も元気で生きていて

くれるってことが、どれだけ幸せで有り難いかということを、日々実感し、

感謝するようになりました。


人生において、誰が心理的に大きな存在感を持つかということは、

人それぞれだと思いますが、私はどうやら、母親のようです。

親をウザく感じて敬遠しがちな高校生の頃から、「お母さん大好き」と

友達に豪語して驚かれていたし、年齢退行でも母親が最初に出て来たし

(年齢退行で一番最初に出会う人物が、その人にとって心理的に大きな

存在感を持っているとされています)、前世退行でも、今世私が

生まれて来た目的に、母は大きく関わっているようでした。


ヒプノセラピーを受ける前は、「私がお母さんを助けなきゃ。私が

お母さんを幸せにしなきゃ」という、その使命感に、無意識的に、

ガチガチに縛られていたように思います。

そのためだったら、泥も飲むし腹も切るぐらいの勢いでしたね。

気持ちだけですけど。(^_^.)

今も結構、縛られている気はしますが、そんな自分の心の様相を

客観視できるし、使命感も、大分ユル〜くなりました。

ま、今は昔に比べて、母がラクで、幸せに暮らせているというのも、

あると思いますが。(^^)


自分の、母親に対するちょっと普通じゃない使命感を理解する上で、

ヒプノセラピーは、とても役に立ちました。

何かの本で読みましたが、人生における使命感の裏には、

前世における罪悪感があるのだそうです。

前世退行で感じたのも、まさにそれでしたね。

今現在の理性的意識で考えると、前世の自分の、今の母に対する行為は

(別に、罪悪感を感じることないんじゃん?)と思うのですが、

潜在意識の中に罪悪感が残っちゃってるっていう事実は、

しょーがないんですよね〜。

潜在意識が納得するまで、粛々と解消するしかありません。

――と、いうことを、頭で理解できたのが、良かったなと思います。(^^)


ですので、昨日も母の日パーティーのご馳走を、母の喜びそうな

メニューで、頑張って粛々と作りました。(*^_^*)

「どれもこれも美味しいお店のお料理より美味しい」と喜んで

もらえて、(さすがにそれは、過分なお世辞だろ)とは思いましたが、

母の喜ぶ顔を見て、私の心も、どうやら大満足のようでした。(^^)

これでどんだけ、私の潜在意識の、納得・満足パーセンテージが、

上がったかな〜?

カルマの解消って、気持ちがいいもんですね。

posted by noa koa at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

くたばれ、伸びよ、神経細胞。

あっという間に終わってしまいましたね、GW。💨

毎日いいお天気で、友達や家族、親戚など、縁ある人々と豊かな時間を

共有できて、今年も素敵なGWでした。

GW中、働いてくださっていたサービス業の皆様には、感謝です

GW中のみなとみらいは、いつもの何倍もの人出でした。

でも、大好きなアニュベルセルカフェには、入れました。

   CA3K12450001.jpg

   CA3K12470001.jpg

ナビオスには、こいのぼり。

   CA3K12490001.jpg

お花でいっぱいの散歩道。

   CA3K12500001.jpg

赤レンガ倉庫では、ドイツビール祭りが開催されていました。

   CA3K12520001.jpg
生バンド演奏に皆大盛り上がり。めっちゃ楽しかったです。\(^o^)/


最近、脳の衰えのせいか、嫌な記憶を保持することができなくなって

きている気がします。(^_^.)

昔の嫌な思い出は、夢か幻のようにリアル感を失っているし、

最近のヤなことも、「まいっか、終わったことだし」と、

感情的にこだわり続けることができなくなりました。

もちろん、出来事から受け取るべきメッセージは受け取らなければと、

感覚を研ぎ澄ませはしますが、ヤな気分が以前のようには続かない・・・。

歳を取ると、泣いた直後にもう笑う幼子のようになってくるといいますが、

こういうことか〜と、ナットクしたりしています。(^^ゞ


若い頃、ヤな気分が何日も続いていたというのは、若くて活力に

満ちあふれているがゆえに、そういう神経細胞がガンガン活性化され、

グングン伸びていたということなんですね。

ヤな気分を保持させる神経細胞が、子供ゆえに未発達だったり、

老年期ゆえに衰えてきたりすると、その神経細胞が不活発なので、

ヤな気分が保持できない、と・・・。


でも、一説によると、脳の神経細胞の発達は、老化とは関係ないと

聞きます。

ひとえに、使用、不使用によるものである、とのこと。

つまり、子供でも、お年寄りでも、意識的あるいは無意識的に、

脳内の特定の神経細胞を使い続けると、その神経細胞は伸び続け、

活性化され続けるのだ、ということのようです。


私はとてもラクが好きで、ヤな気分はしんどいからという理由で、意識的に

ヤな出来事のことを考えるのをポーイする習慣を身につけつつあるので、

ヤな気分につながる神経細胞が、衰えつつあるのかもしれないです。

てことは、ラクなことや、素敵な出来事や思い出のことばかり考える

習慣を身につければ、いい気分につながる神経細胞が活性化されて、

歳を取っても、新鮮ないい気分を保持できるのかもしれません。


最近は、憧れの人と言われて思い浮かべるのが、いわゆる今ドキの

美人女優さんではなく、素敵なおばあちゃんになってきました。

大好きな祖母に似ているということもあって、女優の八千草薫さんが、

今の私の憧れです。

素敵な神経細胞ばかりが発達してらっしゃる、本当に素敵なお顔、

表情をされていますよね〜。

私をよく知る周囲のみんなからは、「かけ離れてる〜」と、

こっぴどくこき下ろされるんですけど。(;一_一)

八千草さんのような、ふんわり柔らかな可愛いおばあちゃんになるのが、

誰が何てったって、私の夢。

そのためには、ふんわり柔らかな気分につながる神経細胞を、

活性化させ続けないとねっ。
posted by noa koa at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

落ち着かない気分。

気づけばもうGWとか、キョトンとしてしまう・・・。

ほんのこないだ、桜見てたのに。

脳細胞の死滅が激しいのか、時間の感覚がおかしい・・・。(@_@;)

観たいドラマも、先週分忘れてすっ飛ばして、しかもすっ飛ばして

いたことに1週間、気づかなかったし。(;一_一)

幼少時は、この世の全てが新鮮でしたけれど、歳を取ると、

自分の老化現象が新鮮ですね〜。

未知の体験だわ。


さて季節の変わり目のせいか、ここ最近また、妙な胸のモヤモヤがあって、

落ち着かない気分です。


外側から見たら、「アンタいっつもお茶してるし、めっちゃ落ち着いてる

でしょ」って、言われると思いますけど。(^^ゞ

   CA3K12380001.jpg
      この時期限定、ガーデン読書&お茶。

な〜んか、自分の人生にちょっとした変化が起こる前の、例のあの感じに

似ているので、落ち着かないのです。

まさか、ミサイル飛来とかじゃないだろな、と思ったりもしますが、

公の事変の時に、この落ち着かなさを感じたことはないので、

多分大丈夫だと思います。(^^)


読書好きの私の蔵書の中に、「トランサーフィン」っていう、

大好きな本があります。

ロシアの元物理学者さんが書いた、形而上学的な本なのですが。

その中に、「人生の流れにおいて、方向が変わるカーブがやってくる

前には、何らかのサインがある。 基本的に、人生の流れには逆らうだけ

ムダだけれど、そのカーブの時に、ひとかきふたかきすることで、

よりよい人生ラインに流れていくことができる」って、書いてあった

ように思います。

そういや最近立て続けに、珍しく心が動揺する印象的な出来事が2,3あり、

こりゃ人生からのサインかな〜という気も、しています。

もしかして、この胸のモヤモヤも、サインなのかな?


トランサーフィンでは、思考エネルギーこそが、人生を現象化させる

主たる要因であり、常に建設的、前向きな思考と感情を保つことこそが、

よりよい人生ラインを生きられるコツだ、と述べています。

私もボケ〜ッと日々脳細胞を死滅させていないで、細心の注意を払って、

諸々鋭意観察しながら、より意識的に生きなければいけないかも

と思う、今日この頃。


しかし元来どーんと動かないおうし座生まれなので、

昔から変化ってものが、苦手なんですよね〜。(^_^.)

変化があっても、変化がなくても、いつでもどーんと不動心でいられるって

いうのが、一番ラクで、いいんですけどね。

どんな変化にも、不動のオープンハートでいられるっていうのは、

まさに達人、悟りの域ですよね。

そのくらいの最強メンタル、身につけられたら、めっちゃラクだろうなぁ。

そもそもラクを希求している時点で、もうメンタル最弱な気もしますが。(^^ゞ

予兆が当たるや否やにかかわらず、メンタル鍛えておきたいと思います。

   CA3K12360001.jpg
   若葉が美しいみなとみらいをお散歩。

   CA3K12350001.jpg
   リピーター続出という、音衛門さんの栗あんどら焼き、ながら食べ。
   カステラもあんもふわっふわで、人気も納得の、美味しさでした。
posted by noa koa at 11:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

アメリカン的悟り。

満開だった庭のカイドウも散り始め、いよいよ若葉の季節が

やってきました。

   170410_0925~010001.jpg
満開だった時の、ウチの庭のカイドウ。
お家でポン酒お花見、楽しませていただきました。(*^_^*)

   CA3K12310001.jpg
新横浜の土手沿いの桜。自宅から自転車で20分ほど。

   CA3K12320001.jpg
子供さん達の明るい声を聞きながら、お花見ピクニックしました。

桜の季節は、世界が優しい雰囲気に包まれますが、若葉の季節は、

より力強い生命力が、漲ってきますよね。

昨日はその強い生命力にベストマッチなミュージカル、

「雨に唄えば」に、行ってきました。

   !cid_458F4D7A-10C9-4AD2-A24C-3F013CE06071.jpg
SNS宣伝用なのか、撮影可の時間が設けられていたので1枚。


「雨に唄えば」は、母が若かった頃に映画で見て、大好きになった

ミュージカルだそう。

私は初めてでしたが、いい意味で「ザ・アメリカ」って感じの

ミュージカルでしたね〜。

ドリフとディズニーがドッキングしたような、笑いとロマンが

散りばめられたステージ。

底抜けに明るく、生命力あふれるアメリカンスピリットを目の当たりに

しながら、トランプ大統領が取り戻したいのは、きっとこういうアメリカ

なんだろうな〜と、感じました。


戦後日本の、アメリカに追いつけ追い越せの時代に思春期を迎えた母が、

このアメリカンスピリットに大いに憧れを抱いたのも、納得がいく気が

しました。

シリアスな局面も、歌や踊りやコントにしちゃう、その強靭なスピリットは、

戦後生まれの私も憧れるわ〜。

ある意味、アメリカン悟ってるな、と、思いました。(*^_^*)


私も楽しかったですが、何より母が楽しんでくれて、良かったです。(^^)

大事な人が健康で幸せであるというのは、何物にも代えがたい、

自らの人生の幸せ要素でもありますよね。

多分、家族や友人の範囲を超えて、世界中の人々全員に

そんな気持ちを持てるというのが、人間精神の到達し得る、

最高峰の境地なのだろうなと思います。

第九の第四楽章が謳い上げる「歓喜の歌」とか、そんな感じ。

キリストとかも、その境地だったのだろうな。


すっごい高いし遠い理想だけれど、千里の道も一歩から。

一匹のニワトリも、ヒヨコから。

心に芽生えた、ほんのちっさな愛の芽を、焦らずたゆまず、

大事に守り育てていくのが肝要かな〜と、思います。

家族や友人、人生で出会う一期一会の人々に感ずる共感や友愛の情を、

日々大切にしていきたいな〜と、思います。
posted by noa koa at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

季節を感じながら生きたい!

もうええわと言いながら、今年も結構行ってしまいました、桜のお花見。

     170412_0853~010001.jpg
    寒川神社。狛犬が桜に囲まれていました。

   170412_1000~010001.jpg
    期間限定開放の神獄山神苑へ、初入苑。

   CA3K12010001.jpg
   裏参拝所なるものがあることを、初めて知りました。

   CA3K12060001.jpg
         絶景の茶房。

   CA3K12080001.jpg
         お抹茶と甘味。

   CA3K12110001.jpg
   ランチは江の島へ。春の海を眺めながら。(^^)

   CA3K12130001.jpg
   スモークサーモンとチェリートマトのピザ。

   CA3K12230001.jpg
       もいっちょ、三溪園。

   CA3K12250001.jpg

   CA3K12300001.jpg

やっぱり季節を感じながら生きるって、すごく自然で、気持ちのいいもの

ですよね。

以前、ジュエリーの商品企画をしていた頃、夏には冬の、冬には夏の

商品の企画をしていたため、自分の中の季節感がゴチャゴチャになって

しまい、「あー、季節を感じながら、季節と共に生きる人生を送りたい

と、強く心に願ってしまったことがありました。

思いっきり、叶っちゃったなぁ〜。(*^_^*)

(ちょっと、叶い過ぎ〜。季節、感じ過ぎ〜。)って気も、しますが。(^^ゞ


外国の言い伝えに、「心に強く願うことには、よく気をつけなさい。

叶ってしまうかもしれないのだから」的なものがあったと思いますが、

ホントだなぁと思います。

時間はかかっても、一点の曇りもなく心から願ったことって、

いつしか自然と、叶っちゃうような気がします。

ただしコレ、「一点の曇りもなく」ってところが、ミソだと思います。

ほんのちょびっとでも、拮抗する思いがあると、ダメな気が。( 一一)

幼子のように、一点の曇りもなく、単純に、クリアに願う、ってトコが、

ポイントだと思います。


ポイントっていうか、運命に沿った本当の願いって、そういうものなのかも。

ちょびっとでも心に引っかかりがある願いは、本当の願いではなく、

そこに体裁や、本当の願いからはズレた欲望が、混じっているって

ことなのかも。

あるいは、その心の引っかかりは、自分の中の無意識的なわだかまりに

気づかせ、それを解消させるために、あるのかもしれません。

心に強く願うことがあり、それがなかなか実現しない場合は、

自分の心の中の隠れた阻害要因を、よ〜く探ってみる必要がありそうです。


まぁでも、願いが叶ったからって、その後ずっと幸せでいられるかって

言ったら、そうとも限りませんけどね〜。

真央ちゃんだって、ジュニアで夢だったトリプルアクセルを跳んで、

喜んだのもつかの間、その後のシニアでは、試練のオンパレードでしたし。

でも、ジュニアの頃に、真央ちゃんの心に強く「トリプルアクセルを

跳びたい」っていう願いが生じなければ、その後、我々の心に数々の

感動の嵐が巻き起こることもなく、最終的に真央ちゃんがレジェンドと

なることもなかったかもしれなかったことを考えると、

全ては必然だったような気もしてきます。

真央ちゃん、一見厳しくツラい試練だらけだったけど、

その内奥のアスリート魂は、幸せだったのかも。

アー、涙が出てきそう。💧


叶う願いも、叶わぬ願いも、人生が(もしくは魂が)、本人に必要な

経験をさせるように、しかるべく差配してくれているのだと思います。

ああ何と、素晴らしきかな人生、ですね。(^_-)


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

桜が咲くと思い出す。

桜満開ですね。

桜の時期になると、祖母がまだ生きて家にいた頃、花見に誘ったら

「もう桜は何度も見たからええわ」と言っていたのを思い出します。

私もええっちゃー、ええんですけど、やっぱり期間限定モノには弱く、

とりあえず近場で、見に行ってきました。💨

     170405_1402~010001.jpg
      自由が丘のグリーン通り。

   170405_1151~010002.jpg   
   いつも満席で入れない、大人気激ウマスイーツ店、
   「パリ・セヴェイユ」さん。昼前だったので、入れました。

      170407_1342~010001.jpg
   伊勢山皇大神宮。最初は曇っていましたが…。

      170407_1325~010001.jpg
   大神神社分霊前の、しだれ桜。晴れてきました。

   170407_1535~010001.jpg
     ランドマーク横の、さくら通り。8分咲き。

   170407_1528~010001.jpg
    カップヌードルミュージアムパークの桜。満開。

   170407_1611~010001.jpg
           汽車道。8分咲き。

   170407_1621~010001.jpg
          ナビオス前広場。満開。

   170407_1620~010001.jpg
              ド迫力。

穏やかに満開の桜を楽しむ人々、ゆったりと流れる時間、平和そのものの

日本の風景。

しみじみ、有り難いな〜と、思いました。


祖母は足が不自由だったから、「もうええわ」と思ったのは、桜ではなく、

人出のあるところへの外出自体が、おっくうだったのかもしれません。

もっと祖母の心に深く心を寄せて、もっと抜かりない提案ができたら

良かったのになと、当時の自分の浅はかさには、腹が立ちます。💢

私の方には「もっと色々、何でもやってあげたい」という気持ちが

あったにもかかわらず、祖母の方には「あんまり孫に世話をかけるのは

申し訳ない」という気持ちがあったらしく、相互の思いが、

すれ違ってしまいました。💧

大好きだった祖母なのに、お互いに気を遣い過ぎて、

コミュニケーション不足だったなぁと思います。

もっと、正直に、祖母に、「私は、おばーちゃんの幸せのお役に

立ちたいのだー」と、高らかに宣言すれば良かった。

そうすれば、笑って受け入れてくれたかも。

そうなったら、もっとお互いWin Winで、もっと豊かな美しい時間を、

共有できたのかも。

あぁ、もう、本当に悔やまれますが、悔しい思いは、自らの心の学びに

するしかありませぬ・・・。


正直で、率直なコミュニケーション

愛情ある人間関係をより豊かに発展させていくには、これが実に

欠かせないのだと、祖母に対する消えぬ思いから、学ばせられました。


思えば若い頃は、失敗から学ぶということが、実に多かったですね。

ところが歳を重ねたある時、ネガティブ体験から学ぶのがしんどくなって、

心の中で神様に、「もうネガティブ体験から学ぶのやめた!

どうせ学ぶなら、ポジティブ体験から学ぶようにするわ」と宣言したら、

人生経験がそういった方向にチェンジしていったような気がします。

気のせいかもしれませんけど。

意識がオバサン化しただけかもしれませんけど。(^^ゞ


脳というのは、意識がインプットしたことを忠実に再現しようとする

コンピューターのようなものだそうです。

「ポジティブ体験から学ぶ」とインプットすると、学ぶべきことを

学べる体験を、「ポジティブな経験」というカテゴリーの中から、

脳が検索して抽出してくれるのかもしれません。

だとしたら、自分が常に、意識的にも無意識的にも、自分の脳に

何をインプットしているのか、気をつけなくてはいけませんね〜。

コンピューターって、忖度してくれませんからね。(^_^.)

正直で、率直で、明確なコミュニケーションが、自分の脳との間にも、

まさに必要になってくるってことですね。(^_-)


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

遺伝子の怪。

昨日、庭のカイドウが一輪、咲いたと思ったら、今朝は数輪、

咲きほころび始めていました。

   170331_1508~010001.jpg

今週末は寒さが戻りそうですけど、来週は、春本番になりそうですね。


我が家の春爛漫の象徴であるカイドウですが、昨日ちらっと眺めた

古いアルバムで、幼い私と一緒に写っていた写真では、

今の半分ほどの背丈しかありませんでした。

その写真を見て、あぁ、一緒に育ってきたんだなぁ〜、随分と長いこと、

一緒にいるんだなぁ〜と、改めて庭のカイドウに、きょうだいのような

愛着を感じました。


昭和の時代からずっと、ウチの庭でじっと動かずに、大きくなり続けた

カイドウは、自分の周りで、チョコマカ動きながら大きくなっていく

人間の私のこと、どんな風に見ていたのかな。

思えば、カイドウの他にも、松も、梅も、もみじも、ずっと一緒だったな。

もっと言えば、この家も、この土地も、ずっと一緒。

何かすっごい、嬉しくって、温かくって、有り難くって、幸せな気持ちに

なりました。(*^_^*)


ところで、なぜ急に、自分の幼い頃のアルバムなんぞを見てしまったかと

言えば、母の部屋の本棚にある、母の幼い頃のアルバムを、

ふと手に取って見てしまったからです。📖

そこに写っている母の幼い頃の顔が、私の子供の頃の顔に瓜二つ過ぎて、

その“遺伝子の怪”を、今の自分の目で再確認したくなってしまった

からでした。👀

思春期頃からはちょっと違ってきましたが、子供の頃の顔は、

まさにお互い「生き写し」。

まさかおぬし、タイムトラベラーか、って感じ。(^_^.)

遺伝子って、ホント不思議ですね。


ここまで瓜二つに生まれた二人の人間が、時代も経験も全然違う人生を

生きているってのも、不思議。

遺伝子に搭載されている情報って、一体どういったものなんだろう・・・。

人間は遺伝子情報に基づく自動機械みたいなものなのか、それとも、

その自動機械を操るドライバーなのか。


インドのヨギのラメッシは、「生まれ落ちた時の遺伝子と環境が出発点と

なって、あとは因果律によって人生は進んでいくだけだから、人生は

決まっているようなもの」、つまり人間はドライバーではなく、

乗客みたいなもん、と言っていますが、近年の量子物理学の研究では、

人間の意識が遺伝子に影響を及ぼすということが観察されています。

遺伝子が意識に影響を及ぼすのではなく、意識が遺伝子に影響を

及ぼすんですって


意識って、つまりこの現実世界や自分の内界を認識しているもののこと

ですよね。

物質や現実、思考や感情を、感知認識しているもの。

そいつが、遺伝子に影響を与えるとな。

遺伝子に影響を与えるってことは、姿かたちや思考感情、ひいては性格、

人格、因果にも影響を与えちゃうってことですよね。

マジですか・・・意識さん万能じゃないですか・・・。


人間の意識は、我々が現実として認識しているこの物質世界つまり

人生にも、影響を与えているようです。

というよりむしろ、人間の意識がなければ、この物質世界は存在し得ない

のだそう。

この理論によると、「意識の持ちようで人生は変わる」ってのが、

科学的に証明されそうな勢いです。


その「意識の持ちよう」が、遺伝子と環境によって決定されちゃうから・・・

っていうのが、ラメッシの言い分でしたけど、量子物理学によると、

たま〜に、意識の「量子的飛躍」ってやつが起こって、人生ラインが

変わってしまうこともあり得るのだそう。

「量子的飛躍って何ぞ?」って感じですけれど、「気づき」とか

「AHA体験」なのかな〜って、思います。

お釈迦様の「悟り」とかも、「量子的飛躍」だったのかも。


だとしたら、今の人生ライン上でやるべきことは、自分の意識を観察し、

物質界(人生)に与えている影響を吟味し検証して、もし変えたければ、

「望む状態である時の意識」に、変えていくことですよね。

試しに、「イヴァンカ意識」になってみようとしてみましたが、

全く想像がつきませんでした。(笑)

やはり、「意識の持ちよう」とはいえ、遺伝子的に、ある程度の制限は

かかっているのだなぁと思いました。

てことは、やっぱりラメッシ、正しいのか。(^^ゞ


でも、遺伝子の許す範囲内で、最高最良のものに意識の焦点を持っていく

ことは、意志の力で、できそうですね。

想像し得る限りの、最高に幸せな自分の意識に、焦点を定めることを

習慣づければ、いつしか遺伝子が、「量子的飛躍」を起こすかも。


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

幸せ感のミナモト。

桜の開花宣言が出たそうで。

やっと春かぁ〜。

今年の冬は、キツかったぁ〜。

生き延びることができて、ヨカッタです。(*^_^*)


先日は、中高の親友の一人がお誕生日だったので、キノコが自慢の

恵比寿のフレンチ「マッシュルーム」さんにて、お祝いディナーを

してきました。🍴

   170321_1857~010001.jpg
         ナプキンかわいい。

   170321_1946~010001.jpg
       マッシュルームと生ハムの前菜。

   170321_2013~010001.jpg
          キノコ盛り合わせ。

   170321_2043~010001.jpg
   舌平目の青のり何ちゃらソース。白いキノコが乗ってます。
   これは他の白身魚で、家でマネッコできそう。(^.^)

   170321_2204~010001.jpg
  デザート注文、タルトタタンとビターチョコのムースで思いっきり
  迷っていたら、泣く泣く諦めた方のビターチョコのムースを、人数分、
  サービスしてくださいました。よ〜く見たら、盛り付けキノコ風。(^.^)

   170321_2153~010001.jpg
        はっぴばーすでー。

相変わらず、身体のガタピシ話で盛り上がりつつ、皆それなりに元気だと、

ほっこり安心します。(^^)

健康や体力、人からの優しさなど、色んなものを無邪気に、当然のように

受け取っていた若い頃に比べて、様々なものが身に染みて有り難いと

思える今の方が、もしかしたら、幸せ度は上かもしれません。


そう言えば、こないだもふっと、思いました。

幸せ感というのは、何かよきものを外部から受け取ることによるのでは

なくて、内なる心の中に、温かなものが湧き出すことによるのだなぁと。

だから、「いっぱい好かれる」とか「得をする」とかに関わらず、

自分の心に「いっぱい好き」「いっぱいやってあげたいと思う」

「しみじみ感謝」みたいな感情がガンガン湧き出ちゃう方が、

「幸せ」なんだな、と。

外的条件がどうあれ、心の中に温かなものが湧き出した時点で、

「幸せ」は完結しているのだな、と。

だから、ホントの愛に、見返りなんかは必要ないんだよね、と。


当たり前のようでいて、なかなか凡人には保持しづらい、この境地。

キリストの言う「無条件の愛」、ブッダの言う「慈悲」って、

このことなのかな〜って、思います。

外部環境や他人に依存していない感じが、めっちゃスッキリ、

気持ちいいですよね

幸せ度に関しては、社会通念的尺度は全く関係がなく、心の中にガンガン、

愛やら慈悲やら感謝の泉が湧き溢れる人になった者が勝ち、って感じ。


じゃーどしたら、そういう人になれるのか。

私思うに、そうなるためには、恐らく潜在意識の浄化と、それに伴って

現れてくる高次の自我意識(ハイヤーセルフ、真我)との同調、一体化が

必要なんだと思います。

そういった高次の自我意識とMAXに同調・一体化していた人が、

キリストとか、ブッダなのかな、と、思います。


「自分自身、そして自分の意識を理解すれば、宇宙を理解したのも

 同然です。 その瞬間、両者を隔てるものは消え去ります」

って、物理学者のアミット・ゴワスミって方が、おっしゃっています。

つまり、宇宙(世界)=自分(の意識)ってことですよね。

てことは、自分が人生で見ている景色、感じている感覚を、良くするか

悪くするかは、自分の意識次第、ってことですよね。

それを宗教家や神秘学者ではなく、物理学者さんが言っているってのが

スゴイ。 ワクワクしますね。

やっぱ、こういう未知の神秘ミステリー、「いっぱい大好き」だなぁ〜。(*^_^*)


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

頭でっかちの芝刈りのススメ。

まだバレンタインのチョコを全部食べきらないうちに、

先日はもう、ホワイトデーでした。

ホワイトデー当日は、かねてより私が「買うてきて〜」とねだっていた

東京スカイツリー土産バウムクーヘンと、グルメ姉の好物である

ピエール・マルコリーニのチョコを、弟が買ってきてくれました。

     170314_1909~010001.jpg      
   写真で撮ると、墓場の卒塔婆みたい?(^_^.)

私、バレンタインに弟に何もあげてないんですけどね〜。(^^ゞ

よい弟を持って、幸せです。(*^_^*)


今年は、禅と哲学をお勉強しようと思っていたのですが、なぜかこのところ、

量子力学の本を読み漁っています。

この、自分のあまりの本好きに、一時(もしかして自分、本中毒なんじゃ

ないだろうか・・・)と不安に思っていた時期もあったのですが、

バリの霊媒師さんに「あなたは導かれるままに本を読んだり、

思ったことをやったりすればよい」と言われたのをいいことに、

それ以来何の不安を抱くこともなく、思いっきり興味の赴くままに、

読み漁り願望を満たしています。📖


不思議なのは、読み漁り中の禅の本、哲学の本、量子力学の本、それに

以前読んだ古神道の本などに、同じことについての言及があることです。

それぞれ表現は違えども、言っていることは同じじゃん、と、

気づく箇所がある。👀

それは、目には見えない世界への言及、物質世界の真実について、です。

宗教、哲学、科学と道は違えども、行き着く真理は一緒なのだなと、

感動します。


ただ、その真実ってヤツは、腑に落ちる人には腑に落ちるけれども、

ピンと来ない人にはどうしてもピンと来ないっていう難点があるのが、

もどかしいトコロですね〜。

どの道を辿ろうとも、真理到達は、純粋に個人的体験なんですよね。

私もまだ「へ〜。ほ〜。マジですご〜」っていう、頭でっかちの段階。

でもそんな今が楽しいので、まだまだ読み漁り生活、続けたいです。(*^_^*)


そうして得た知識を現実に応用することで、良い習慣が身につくことも

あります。

例えば、「現実は内面の鏡のようなもの。出している波動が、返ってくる」

という知識。

これは、現実世界で、すぐに体験的に実証できます。

内面にクサクサした気分があるのを放置していたら、さらにクサクサする

ようなことばかり目につき始めて、内面にクサクサが増していくにつれて、

なぜかすれ違う人からも、クサクサした言葉を投げつけられたりする。

内面にクサクサした気分があるのに気がついて、放置せずに意志の力で

ほっこり波動にチェンジすると、視界の中で、ほっこりする場面が目につく

ようになり、さらに心がニコニコするにつれて、な〜んか街中の皆が、

優しくしてくれるような感じになってきたりする。


実験的にやってみると、本当にそうなので、「自分の心が出している波動に

常に気を付ける」という、良い習慣が身につきます。

そしてその習慣が身についてくるにつれて、だんだんと、「人間は、

外界からの影響に翻弄される存在ではなく、外界に影響を与えられる

存在なのだ」という信念が心に根付いてきて、ならば影響力の増強の

ために精進しよう、っていう好循環に、なっていくんですね〜。🆗

だから、頭でっかちもあながち悪いことではないと、

私は思っています。(^.^)


ただ、心の深い所で深い傷がうずいているような場合や、心の中が

ゴッチャゴチャでわけが分からなくなっているような場合は、

そう一筋縄ではいかないかもしれません。

そういう場合は、時間をかけてじっくり自分と向き合い、自分を癒し、

心の断捨離、整理整頓をすることが、必要になってきます。


ある本に、一般人と聖者の違いについて、「一般衆生の潜在意識は、

草ボウボウの荒れ地、聖者のそれは、キレイに刈りそろえられた芝生」

と、書かれてありました。

(なるほど〜。うまいコト言うな)と、思いました。

キレイな芝生も、ちょっと放置すると、あっという間に草ボウボウに

なりますよね。

日々聖者のような清々しい気分でいたいなら、毎日キレイに心の芝を

刈りそろえることが、大事になってきますね。(^_-)


⛵ ヒプノセラピー・ヒーリングサロン noa koa ⛵ 

HPはこちら → http://sky.geocities.jp/aloha_noakoa/
ご予約、お問い合わせはこちら → noakoahawaii@yahoo.co.jp
posted by noa koa at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする